1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(223.1Kb)

医療装置使用例

ホワイトペーパー

電気ノイズが非常に小さく医療装置に最適

このカタログについて

ドキュメント名 医療装置使用例
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 223.1Kb
取り扱い企業 日本ムーグ (Animatics)株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

自動車用製造装置使用例
ホワイトペーパー

日本ムーグ (Animatics)株式会社

巻線アプリケーション使用例
ホワイトペーパー

日本ムーグ (Animatics)株式会社

DMXによる噴水ノズル制御例
ホワイトペーパー

日本ムーグ (Animatics)株式会社

このカタログの内容

Page1

ケーススタディ:超音波スキャナ検査装置 アプリケーションタイプ:医療用装置 モーション:精密位置決め 概要 医療目的に超音波イメージングは、筋肉、腱、胎児および内臓を視覚化するために使用されます。 イメージング技術は 50 年以上も前からあり、医療業界で最も一般的で非侵襲的な診断ツールの 1つです。超音波装置を検査することは、高い精度を要求される複雑なプロセスです。 装置の目的  接続ケーブル数を最小限にする  ケーブル長を最小化する  電気ノイズを最小限に抑える
Page2

モーションコントロール条件  シンプルなリニア位置決め制御 超音波トランスデューサは音波を送受信して電位エネルギーを機械的な音波振動に変換する棒 です。トランスデューサは、超音波装置の耳と口であり、電圧が印加されるとトランスデューサの 端部が振動して小さな結晶(圧電効果)を超音波で読み取ります。多くの異なる構造および材料が 超音波を使用して画像化されるので、トランスデューサビームにより焦点し画像化するには十分で はありません。トランスデューサからの材料と距離に基づいて、異なる構造のビームの焦点をテス ト、変更、および分類することが不可欠です。電子的な焦点合わせは超音波検査者によって最終 的に制御されますが、初期のトランスデューサ検査は超音波装置製造者によって行われます。 アプリケーションプロセス 1)適切なサイズの SmartMotor を選択し、ボールねじリニアアクチュエータに取り付けます。 2)位置データとセンサーデータをホストコンピュータに送り返します。 3)ホストコンピュータ上のカスタムプログラムにより、超音波トランスデューサにとって最適な位置 決めと焦点位置を見つけます。 結果 SmartMotor ソリューションは、電気ノイズが非常に小さく、シンプルなシステムであり、敏感な試験 機器に干渉を起こさないことが証明されました。 真の閉ループ制御システムと正弦波整流などの 高度な機能を組み合わせたスマートモータのオールインワン設計は、最小限の干渉と電気ノイズ 抑えた環境を必要とする場合、最適な選択です。 製品ソリューション:  Moog Animatics SmartMotor お問い合わせ先: 日本ムーグ株式会社 東京オフィス アニマティクス TEL 0422(20)1251 FAX 0422(27)2764 Email: animatics_sales@moog.com www.animatics.jp