1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(75.2Kb)

【金型向け】金型構造部加工自動化ソリューションのご紹介

ホワイトペーパー

構造部加工フィーチャの自動抽出と 条件分岐により加工ノウハウをストラテジー化

ソリッドCADを導入して金型設計が完全に三次元に移行した金型メーカーにとって、次なる課題は設計情報を無駄なく機械加工に連携することではないでしょうか。
長年に渡り加工現場で培ってきた二次元加工に関するノウハウを、「ストラテジー」と呼ばれるビジュアルな条件式に置き換え、ワンクリックで加工データ作成フローをロードすることが可能となります。穴あけ、ポケット、輪郭、そして旋盤加工まで、設計フィーチャを加工フィーチャに自動変換するテクノロジーで加工現場を革新します。

このカタログについて

ドキュメント名 【金型向け】金型構造部加工自動化ソリューションのご紹介
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 75.2Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社データ・デザイン (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

【金型向け】金型切削状況解析/可視化ソリューションのご紹介
ホワイトペーパー

株式会社データ・デザイン

【金型向け】金型形状部加工自動化ソリューションのご紹介
ホワイトペーパー

株式会社データ・デザイン

データ・デザイン製品総合カタログ
製品カタログ

株式会社データ・デザイン

このカタログの内容

Page1

金型向け スマート3Dテクノロジー 金型構造部加工自動化ソリューション ▷ SURFCAM ▷ Eureka 1 構造部加工フィーチャの自動抽出と 条件分岐により加工ノウハウをストラテジー化 ソリッドCADを導入して金型設計が完全に三次元に移行した金型メーカーにとって、次なる課題は設計情報 を無駄なく機械加工に連携することではないでしょうか。長年に渡り加工現場で培ってきた二次元加工に関 するノウハウを、「ストラテジー」と呼ばれるビジュアルな条件式に置き換え、ワンクリックで加工データ作成フ ローをロードすることが可能となります。穴あけ、ポケット、輪郭、そして旋盤加工まで、設計フィーチャを加工 フィーチャに自動変換するテクノロジーで加工現場を革新します。 オープン/クローズポケット、輪郭、平 最先端のストック・マネジメント機能 構造部加工用データの作成作業をワ 面、ボス、穴などの加工フィーチャを によって、加工後の形状を常に把握 ンクリックで完了するプロセスを構築 自動抽出し、3Dデータに含まれる数 し、切削ボリュームを考慮した工具 し、作業時間を従来の1/10以下まで 値情報から条件分岐で最適なストラ 軌跡を自動的に生成することが可能 短縮します。 テジーを選択します。 です。