1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(242.7Kb)

無線局周辺や労働環境の電磁界測定に 【NBM-520型 高周波電磁界測定器】

製品カタログ

100kHzから90GHzの周波数帯域の電界・磁界を高精度に測定

100kHzから90GHzの周波数帯域における、電界または磁界を高精度に測定する等方性電磁界測定器です。一般環境または労働環境(携帯電話基地局、ラジオ・テレビ放送のアンテナ周辺、高周波加熱装置やプラズマ発生装置周辺、レーダー施設周辺など)において、高周波電磁界の安全確認が必要とされています。

・3つのセンサを搭載したプローブによる完全な等方性
・周波数範囲100kHz~90GHz(プローブによる)
・簡単な操作性と見やすい画面
・6分間平均値の測定が可能
・空間平均値の測定が可能
・バッテリ駆動、最大22時間動作可能

<主なアプリケーション>
・テレビ・ラジオ放送局やレーダー施設周辺
・携帯電話基地局周辺
・労働環境(高周波加熱、溶接、乾燥装置など)
・ジアテルミー装置や高周波医療機器
・TEMセル・電波暗室内の基準電界強度計


<Narda S.T.S.社製>

このカタログについて

ドキュメント名 無線局周辺や労働環境の電磁界測定に 【NBM-520型 高周波電磁界測定器】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 242.7Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 東洋メディック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

Narda Safety Test Solutions GmbH 社製 高周波電磁界測定器 NBM-520 高周波電磁界測定器 「NBM-520型高周波電磁界測定器」は、100kHzから90GHzの周波数帯域における 電界または磁界を高精度に測定する等方性電磁界測定器です。 強すぎる電磁波は人体に影響を及ぼすといわれ、国際非電離放射線防護委員会 「ICNIRPガイドライン」や総務省「電波防護指針」など安全基準が定められていま す。一般環境または労働環境(携帯電話基地局、ラジオ・テレビ放送のアンテナ周 辺、高周波加熱装置やプラズマ発生装置周辺、レーダー施設周辺など)において 高周波電磁界の安全確認が必要とされています。 ドイツNarda Safety Test Solutions社は、人体防護を目的とした電磁界測定器を作り 続けてきた、世界のトップメーカーです。 電波法施行規則適合 NBM-520用プローブ
Page2

【特長】 【主なアプリケーション】 ■ 3つのセンサを搭載したプローブによる完全な等方性 ■ テレビ・ラジオ放送局やレーダー施設周辺 ■ 周波数範囲100kHz-60GHz(プローブによる) ■ 携帯電話基地局周辺 ■ 簡単な操作性と見やすい画面 ■ 労働環境(高周波加熱、溶接、乾燥装置など) ■ 6分間平均値の測定が可能 ■ ジアテルミー装置や高周波医療機器 ■ 空間平均値の測定が可能 ■ TEMセル・電波暗室内の基準電界強度計 ■ バッテリ駆動、最大22時間動作可能 主な仕様 NBM-520(本体) 周波数レンジ プローブによる 測定レンジ プローブによる ディスプレイ ディスプレイタイプ モノクロLCD ディスプレイサイズ 128×64ドット バックライト LED、点灯時間選択可能(オフ、 5秒、10秒、30秒、60秒、連続) 表示更新レート 400m秒 測定機能 表示単位 mW/cm2, W/m2 ,V/m, A/m, %(基準値に対して) 表示レンジ .0001~9999(4桁) 測定結果(等方性測定値) 瞬時値(ACT)、最大値(MAX)、平均値(AVG)、空間平均値(SPATIAL) 平均時間 4秒~30分(2秒ステップで選択) *PCソフトウェアで設定 空間平均 個別または連続 *PCソフトウェアで設定 アラーム 音声周波数2kHz(250m秒毎) *しきい値はPCソフトウェアで設定 インターフェース 光インターフェース シリアル、全二重、115200ボー、パリティなし、スタートビット1、ストップビット1 プローブインターフェース プローブ自動認識、NBM用プローブ全て使用可能 一般仕様 推奨校正間隔 24ヶ月 バッテリ NiMH充電式バッテリ 単3 2500mAh 2本付属 動作時間 22時間(バックライトオフ)、16時間(バックライト点灯) 充電時間 2時間 バッテリ残量表示 100%、80%、60%、40%、20%、10%、low level(<5%) 温度 -使用時 -10℃~+50℃ -輸送 -30℃~+70℃ 湿度 5~95%、結露なきこと ≦29g/m3(IEC 60721-3-2 class 7K2) 寸法 38×52×195 mm(プローブを除く) 重さ 300g(プローブを除く) 付属品 ハードケース、充電器、充電池、ショルダー・ストラップ、O/Eコンバータ、光ファイバケーブル2m、NBM- TSソフトウェア、取扱説明書、校正証明書・試験成績書 電界プローブ 型名 周波数 測定レンジ(CW) 主な用途 形状 EF0391 100 kHz – 3 GHz 0.2 – 320 V/m ラジオ・テレビ放送、携帯電話 1 EF0362 100 kHz – 3 GHz 0.8 – 1300 V/m ラジオ・テレビ放送、携帯電話 1 EF0691 100 kHz – 6 GHz 0.35 –650V/m ラジオ・テレビ放送、携帯電話、WLAN 1 EF1891 3 MHz – 18 GHz 0.6 – 1000 V/m ラジオ・テレビ放送、携帯電話、レーダー 1 形状1 EF4091 40 MHz – 40 GHz 0.7 – 400 V/m 衛星通信、レーダー 1 EF5091 300 MHz – 50 GHz 8 - 614 V/m 衛星通信、レーダー 1 EF5092 300 MHz – 50 GHz 18 – 1090 V/m 衛星通信、レーダー 1 EF6092 100 MHz – 60 GHz 0.7 – 400 V/m 衛星通信、レーダー 1 EF9091 100 MHz – 90 GHz 0.7 – 400 V/m 衛星通信、レーダー 1 *EF0391,EF0392,EF0691,EF1891,EF4091,EF6092,EF9091はダイオード、EF5091,EF5092は熱電対式 *センサの周波数特性は全てフラット 型名 周波数 測定レンジ(CW) 基準となるガイドライン 形状 形状2 EA5091 300 kHz – 50 GHz 0.5 – 600 % U.S. FCC, 1997 Occupational/ Controlled 3 EB5091 3 MHz – 50 GHz 0.5 – 600 % IEEE C95.1-2005 Controlled Environment 3 ED5091 300 kHz – 50 GHz 0.5 – 600 % ICNIRP Rec. 1998 Occupational 3 *各国人体防護ガイドラインに対する相対値で評価 *ガイドラインに応じた周波数特性をもつセンサを搭載 磁界プローブ 形状3 型名 周波数 測定レンジ(CW) 主な用途 形状 HF3061 300 kHz – 30 MHz 0.012 – 16 A/m プラズマ発生装置 2 HF0191 27 MHz – 1 GHz 0.018 – 16 A/m ラジオ・テレビ放送、携帯電話 1 *本カタログの内容は2016年7月現在のものです。仕様・性能は改良等のため予告なく変更することがあります。ご注文の際には最新の内容をご確認下さい。 NardaS.T.S.社 日本総代理店 環境事業部:〒162-0813 東京都新宿区東五軒町2-13 東洋メディック株式会社 環境事業部 TEL: 03-3513-7403(直通) FAX: 03-3268-0264 kankyou@toyo-medic.co.jp TEL: 03-3268-0021(本社代表) http://www.toyo-medic.co.jp/keisoku 201607