1/15ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(635.2Kb)

NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書

ハンドブック

ハードウェアマニュアル

このカタログについて

ドキュメント名 NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 635.2Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ネットビジョン (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ネットビジョン製品紹介2017May
製品カタログ

株式会社ネットビジョン

SVM-03ハードウェア仕様書
ハンドブック

株式会社ネットビジョン

SVM-MIPIハードウェア仕様書
ハンドブック

株式会社ネットビジョン

このカタログの内容

Page1

NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 株式会社ネットビジョン
Page2

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 改訂履歴 版数 日付 内容 担当 第 1版 16/10/31 初版作成 (NV012-C) 山田 2
Page3

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 目次 1. 概要 ............................................................................... 4 2. 詳細 ............................................................................... 6 2.1. 電源系 ............................................................................ 6 2.2. I2C 機能 .......................................................................... 6 2.3. コネクタ一覧表 ..................................................................... 7 2.4. コネクタ詳細 ....................................................................... 8 2.5. DIP スイッチ設定 .................................................................. 11 2.6. LED インジケータ .................................................................. 11 2.7. HSD 電源極性選択ジャンパ ......................................................... 12 3. 使用手順 .......................................................................... 12 4. 主要諸元 .......................................................................... 13 5. Appendix .......................................................................... 14 5.1. 基板寸法図 ....................................................................... 14 5.2. 4 CH 同期取り込みシステムでの配線図 ................................................ 15 3
Page4

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 1. 概要 本仕様書は、ネットビジョン社製 NV012-C(FPD-Link III デシリアライザ基板)のハードウェア仕様書です。 NV012-C (以下本基板と表記)は、TI 社 FPD-Link III 規格で送信されるシリアル信号の映像をパラレル 信号に変換し、弊社 SV シリーズ(SVM-03/03U/SVI-06 etc.)に接続して使用するための変換基板です。 【図1】 ブロック図 【図1】に本基板のブロック図を示します。本基板は TI 社デシリアライザ IC DS90UB914A-Q1 を搭載して おり、最大 100MHz ピクセルクロックまでの FPD-Link III 映像信号のシリアル - パラレル変換、および、 FPD-Link III 信号線を通した I2C 通信が可能です。パラレル信号の出力コネクタは SV シリーズ共通のイ ンタフェースとなっており、SV ボードと直結しての使用が可能です。シリアル信号の入力には FAKRA 規格の コネクタを使用しており(シングルエンド転送)、車載用途のカメラとの接続に最適です。 【図3】に本基板と SVM-03 基板のボード接続イメージを示します。図に示すように、両基板は 50 ピンの ピンソケット (CN2) を介して接続されます。ねじ穴位置は両基板で共通なので、スペーサ等で両基板を固定す ることが可能です。本基板のコネクタの配置図は、【図4】に示す通りです。コネクタのピン番号、ピンアサインは 「コネクタ詳細」の項で後に示します。 4
Page5

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 【図3】 ボード接続イメージ 【図4】コネクタ配置図 * CN4, CN6, CN7, CN11 は未実装 5
Page6

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 2. 詳細 2.1. 電源系 本基板には 1.8V レギュレータ (LDO) を搭載しており、これによりデシリアライザ IC のコア電圧に対し電 源を供給しています。IC の電源(コア電圧、IO 電圧)は コネクタ CN2 を通して SVM-03 等の SV ボード より供給します。このとき、SV ボードの VDDH および VDDL がそれぞれ本基板のコア電圧と IO 電圧に 対応します。通常 VDDH および VDDL はともに 3.3V に設定します。 また、本基板では FPD-Link III ケーブルにカメラ用電源を重畳することができます。この電源は CN5、 CN6、または CN8 から供給します。カメラ用電源と IC とはコンデンサを通して直流的に分断されているので、 IC の電源とカメラ用電源の投入順序は問いません。 本基板の電源システムのブロック図を【図5】に示します。AC アダプタを接続する DC ジャック(CN6)を使用 する場合、本基板では将来の拡張に備えて 12V 入力が可能な DC コンバータのパターンを設けており、基 板上に実装されたジャンパ抵抗で電圧を切り替えられるようになっています。NV012-C では ジャンパは DC ジャック側に設定されていますので、CN6 を実装することで DC ジャック経由でカメラ電源を供給することがで きます。 【図5】電源システムブロック図 2.2. I2C 機能 本基板のデシリアライザ IC (DS90UB914A) は I2C バスを有しており、IC 内の設定変更や FPD-Link 6
Page7

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 III ケーブルを通した、シリアライザおよびターゲットデバイスとの I2C 通信機能を持ちます。本基板では、 DS90UB914A の I2C バスは 4.7 kΩで IO 電圧にプルアップした上、SV シリーズ用コネクタと直結してい るため、そのまま SV シリーズの標準機能により I2C 通信が可能です。同時に、I2C バスは基板上の I2C 入出力コネクタ (CN4) に直結されているため、外部デバイスとの接続や、外部マスタからの操作も可能になっ ています。 本基板では、DS90UB914A の I2C アドレスは DIP スイッチ (SW1) により 2 種類変更可能です。詳細 については、DIP スイッチ設定の項を参照してください。 2.3. コネクタ一覧表 (ピンマップも) CN# 実装状態 名前 型番 CN1 FPD-Link 入力 FA1-NCRP-PCB-8 (同軸) (FAKRA 規格) CN2 パラレル出力 C-00086 CN3 未実装 (未使用) N/A CN4 未実装 I2C 入出力 171825-4 CN5 カメラ電源入力1 22-04-1021 CN6 未実装 カメラ電源入力2 MJ-179P センタ+ CN7 未実装 拡張コネクタ1 90130-1212 CN8 カメラ電源入力3 171825-4 CN9 拡張コネクタ2 171825-6 CN10 FPD-Link 入力 TBD (差動) (HSD 規格) CN11 未実装 (未使用) N/A * 実装状態は NV012-C に適用する カメラ電源入力コネクタ (CN5, CN6, CN8) は必要に応じてターゲットデバイス(カメラ)に供給する DC 電源 を入力します。アプリケーションやシステムに応じて、いずれかのコネクタから電源を入力してください。このカメ ラ電源は CN1 を使用する場合には FPD-Link 信号線に重畳され、CN10 を使用する場合には特定のピン に出力されます。また、カメラ電源は NV012-C 基板内部で使用しておらず、ターゲットデバイスにのみ供給さ れます。必要な電源容量はターゲットデバイスの特性に依存します。 拡張コネクタ (CN7, CN9) は多チャンネル取り込みシステムでの基板間通信、および将来の拡張用のコネク タです。I2C 入出力コネクタ (CN4) は DS90UB914A の I2C バスに直結されています。 7
Page8

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 2.4. コネクタ詳細 以下に、本基板のコネクタの上面図(概略)およびピンアサイン(回路図より抜粋)を示します。 (ピンアサイン凡例) 名前 意味 VDDIO IO 電源 VCAM カメラ用電源 VDDH SV ボードの VDDH (CN2 直結) SCL / SDA I2C 信号線 P0 - P5 SV ボードの汎用 IO ポート (CN2 直結) PC_A/PC_K 予約 (フォトカプラ 1 次側 LED、NV012-C では未使用) ・CN1 (FA1-NCRP-PCB-8) (回路図、RIN1+ に接続) ・CN2(C-00086 = 下図右)、CN3(下図左) (実装時、基板上面から見た図) * ピンアサインは SV シリーズのハードウェア仕様書参照 8
Page9

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 ・CN4 (171825-4 / TE Connectivity) (上面図) (回路図) ・CN5 (22-04-1021 / Molex) (上面図) (回路図) ・CN7 (90130-1212 / Molex) (上面図) (回路図) ・CN8 (171825-4 / TE Connectivity) (上面図) (回路図) 9
Page10

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 ・CN9 (171825-6 / TE Connectivity) (上面図) (回路図) ・CN10 (D4S20L-40MA5-B / Rosenberger) (上面図) (回路図) 10
Page11

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 2.5. DIP スイッチ設定 本基板には 8 bit の DIP スイッチ(SW1)が実装されており、デシリアライザ機能や I2C アドレス等の設定を 行うことができます。 SW# 名前 機能 1 IDX0 DS90UB914A の I2C アドレスを指定します。 ON: I2C Address = 0x60 OFF: I2C Address = 0x61 2 OSS_SEL パラレル出力が有効のとき、出力状態を選択します。 ON: Hi-Z 出力 OFF: 出力有効 3 SEL 入力コネクタを指定します。 ON: 差動入力 (CN10: HSD コネクタより入力) OFF: 同軸入力 (CN1: FAKRA コネクタより入力) 4 BISTEN BIST (Built In Self Test) Mode を設定します。 ON: BIST Mode 無効 OFF: BIST Mode 有効 5 PDB パワーダウンモードを設定します。 ON: パワーダウン OFF: 通常動作 6 MODE0 デバイスモードを選択します。 7 MODE1 各モード詳細は DS90UB914A データシート参照 8 MODE2 MODE0 | MODE1 | MODE 2 | ON | OFF | OFF | 10-bit Mode OFF | ON | OFF | 12-bit High Frequency Mode OFF | OFF | ON | 12-bit Low Frequency Mode *デフォルトは BISTEN (4)、MODE0 (6) のみ ON です。 2.6. LED インジケータ 本基板には 3 つの LED が実装されています。それぞれの機能は下表の通りです。 LED# 名前 機能 D2 PASS 転送エラーが発生していなければ点灯します。 D3 LOCK PLL がロックしていれば点灯します。 D4 POWER 電源 (VDDH) が供給されていれば点灯します。 11
Page12

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 2.7. HSD 電源極性選択ジャンパ JP3, JP4 は HSD コネクタの電源出力極性を選択するジャンパです。HSD コネクタを通したターゲットへの 電源出力を行う場合、以下通りジャンパを設定します。 オプション ジャンパ設定 Pin 1: GND JP3: 2-3 間短絡 Pin 3: GND JP4: 2-3 間短絡 (電源出力なし) Pin 1: VCAM JP3: 1-2 間短絡 Pin 3: GND JP4: 2-3 間短絡 Pin 1: GND JP3: 2-3 間短絡 Pin 3: VCAM JP4: 1-2 間短絡 3. 使用手順 以下に本基板を SVM-03 ボードと接続して使用する場合の使用手順について説明します。 ・本基板の DIP SW が適切な設定になっていることを確認します。 ・SVM-03 のターゲット電源(VDDH、VDDL)が 3.3V にセットされていることを確認します。 ・SVM-03 と本基板を接続します。 ・SVM-03 に USB ケーブルを挿入し、PC と接続します。 ・本基板の電源インジケータ (D4) が点灯していることを確認します。 ・CN1 にカメラを接続します。 ・CN5 または CN8 よりカメラ電源を供給します。 以上で本基板のセットアップが完了します。以降は SVM-03 にカメラを接続する場合と同じですので、SVM-03 の使用方法に従ってください。 12
Page13

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 4. 主要諸元 項目 値 備考 基板寸法 60.0 x 101.6 mm コネクタを含まない値 デシリアライザ用電源 DC +3.3V ±5% CN2 経由、 SVM-03U 等キャプチャボード (VDDH)から供給 IO 電源 DC +3.3V / 2.8V CN2 経由、 SVM-03U 等キャプチャボード ±5% (VDDL)から供給 カメラ用電源 N/A (DC +5-9V 程度) CN5 または CN8 コネクタから供給 (Optional) CN6 実装で AC アダプタに対応 電源電圧はカメラに従う 画像入力 FPD-Link III 規格 シングルエンド (FAKRA コネクタ) または差動 (HSD コネクタ) 画像出力 パラレル信号 インタフェースは SVM-03 等弊社 SV シリー 最大 75 MHz / 12bit ズ標準規格 100MHz / 10bit * 上記仕様は型番 NV012-C にのみ適用されます。 13
Page14

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 5. Appendix 5.1. 基板寸法図 (部品面/部品面視) 14
Page15

株式会社ネットビジョン NV012-C (FPD-Link III デシリアライザ基板) ハードウェア仕様書 第 1版 (半田面/部品面視) 5.2. 4 CH 同期取り込みシステムでの配線図 以下は参考資料です。 15