1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(356.8Kb)

エクスロンCheetah EVOによる『Cuワイヤーボンディングクラック観察』事例

事例紹介

Cuワイヤーボンディングクラック観察事例

X線CT検査装置Cheetah EVOは16ビット(65000諧調)フラットパネルディテクターによる抜群の表現力を誇ります。ナノフォーカスモードと高出力モードを両立したマルチフォーカスX線管を搭載しており、電子部品だけでなく、樹脂部品、ゴム部品、金属部品等様々な用途での使用が可能です。

このカタログについて

ドキュメント名 エクスロンCheetah EVOによる『Cuワイヤーボンディングクラック観察』事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 356.8Kb
取り扱い企業 エクスロン・インターナショナル株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

MU2000を使った樹脂成型部品 組込み構造確認
事例紹介

エクスロン・インターナショナル株式会社

MU2000で撮影したアルミダイカスト製品ポンプ
事例紹介

エクスロン・インターナショナル株式会社

MU2000で撮影したアルミダイカストCVTケース
事例紹介

エクスロン・インターナショナル株式会社

このカタログの内容

Page1

Cuワイヤーボンディングクラック観察事例 ナノフォーカスX線検査装置 Cheetah EVO エクスロン・インターナショナル株式会社 〒221-0031横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 TEL:045-450-1730 yxlon-contact@jpn.yxlon.com Technology with Passion https://www.yxlon.co.jp/application