1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.6Mb)

2017年9月27日発行 オートメーション新聞

ホワイトペーパー

2016年工場立地動向調査 食品・輸送用機械など増 / 伸びるロボットケーブル

このカタログについて

ドキュメント名 2017年9月27日発行 オートメーション新聞
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 2.6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 オートメーション新聞社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

2017年9月20日発行 オートメーション新聞
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

2017年9月13日発行 オートメーション新聞
ホワイトペーパー

オートメーション新聞社

このカタログの内容

Page1

JAPAN PACK 2017年(平成29年)4特 面   9 27 集 産業用コンピュータ 5 第123号(水曜日発行)〜7面 Automation News 発行所:©株式会社アペルザ オートメーション新聞社 〒231-0023 横浜市中区山下町23 日土地山下町ビル TEL:045-228-8873 FAX:045-345-4790 提   言 エを以 の費とは略依は替はるい るVたョ催の境止ガ・る  ン抱上ドこガマ慎を然、え、。う『歴を。ーさ切規やソフ。E ジえにイだソツ重堅とEをガしイE史発ドでれり制、リラ地V 工場立地数は994件1123ha ンてEツわリダで持しV考ソかメV的表イはた替強中ンン球( 問いV各りンのあしてのえリしーがなしツ、フえ化国・ス環電 題るへメがエ資る、H重てン ジこ幕、主 ラをがのデが境気 再日 に。のー透ン本。EV要は車、日もれ開E力 Eン促、Eィ打保自 0た っ生送属品の ・%地万%有企千件  加得早カけジ・先V(視いか本世かけVメ V がクしガVーち護動 2の15た産用製の工業3)は円を効業万数企え意期ーてン業般へハをならの界らとのー主フてソ優ゼ出の車 起本 件は年。用機品1場種㌽と1未占回が円を業 2016動向調査、と切は見を務発のイ表いE自中のな本カ役ルいリ遇ルし観) か、と 機械(7を別増な 満め答4〜見規雇主しり、え搭提表本ブ明。V動に自っ格ーのトるン策車た点が ら輸の 械(16建で加り9のた数15る模 予立地 力た替トる載携さ格リすトへ 定動た的が ・。車なの、か注 1送比 (12件てはし、6企。の5千と別 定地数経 食 市デえヨ。すかれ切ッるヨの車着車。到そ座モドかど販2ら目 動の 1用較 98 13。た、た前件(業資う件万、の用 者面(済場ィのタ るらたりド一タ完メしだ 来ろにーイら各売0イさ 5機で 件5件次の最。年 に本ちと円資工 は積太産(ー必自 Hもト替車方自全ーつ! をっ躍タツE国全4ギれ 件械増 )件)いがも か20よ金44な未本場 2は陽業 欧ゼ要動 V低ヨえ)で動切カつ』 告てりーでVの面0リて )(加 と)。で食多 ら・る1・り満金立予 万1光省 州ル性車 へ燃タに戦、車りーあと げE出シ開へ環禁年スい に製 、1し な、輸金料く 01立千0、の1地定 91発は92電2 品とカ・ 始ベ協コ  (件た7食 63施0 Iの 第すー業ン日 ) 6料 5ヘ設1 株式会社アルファTKG社長 高木 俊郎 29 66 ば向造 sス日1るシにバ本 シ 件、こ件品者 人クを6hタの弾。ョよレ能 かプ )( でタ除年 東・iン2と ンるー率 リ らラ(、1 同ーくのnフ日し 促オと協 70ス24飲6 も 6ル)工てン富てEのー カ幸然り 日に 据イわ歩戦ー否・ グォ間て 進ー日会 件チ件料6 %(は場 輸 いボ裕いV挑企自ケにで、 本は日えンた進略は定中 ルー、、 事プ本は )ッ ・件 増ha 9立 海 るル層る車戦業動としあE ガは乗本てアっんを、を国 ードア11 業ン企、 コ 、クか飼か約 加)9地 。だで。で』テ車なてるV ソ、りもいッてだ発シ受) け業 プ大メ月 をイ業シ 能 業製ら料ら とで4動』はシ殴をス王る日がへ 優気ドるプガ 表リけか と学リ28 開ノのリ 務品32・1 な同件向 、 と、リり旗ラ国危本、の れでイ。にソEしーてら 率ン 3 っ0で調 い『コ込印社ア険のE切 リたなツ 残リ V 戦たズ、の て 新プーす すミー連 71業(件用 た・前査 北送っテンみにがメも自Vり エいも すン略。全ドガ 情ンカるシるッ・携 協会バ 件種20)機万 。1年をたスバを掲『リは動へ替 コ』本 こ・で日体イソ 報イーイリ。トニし か。件、 %か公旋ラレかげ自カら車のえ ン技の音 とデ 本にツリ やノとノコ 2ュ、 ら一か 械風がーけ、動でん産乗に 術でで もィあメE自ン 日ベしベン 0ー「 レ 35方ら電(人 増ら表 関加4しを上を、高車はで業り鈍 をあは 戦ーるーV動・ 米ーてーバ 1ジシ 11 件で25子21 し・た 用 巻流中成級メ、い衰遅重 保ろ『 略ゼがカを車デ 企シ招タレ 7ャリ 、化、件・件 た9。 き階心功車ーベる退れな 車有う完 のル、ー投各ィ 業ョきーー 」パコ 月ー 金学)デ 増 。%工 東 起級とを市カン。のがの し。全 中車将よ入メー のン、をで をンン 属工なバか 雇減場 このし収場ーチ キ、は かて特E 心を来りすーゼ ●●31●● 連のオス活 開・バ に 製業どイら 用。立しシためにへャ ッ不当 日 おにV にラに一るカル 携最ーピ躍 催サレ と米 品が10ス23 、機ら 遣並人ート企ョ事  県件知 道の件7件っ なで 南位 マ次点フい るリンシ 本 与促どーすイ ラ業響の格ガがとすリ  協 74す行のキア業ン例 研とで県件府半で7。 地ど1性マー産がラ『ま需アスョ Eえしのトなン結スはをみ的ソ起にるン日 で たるし参ャッとをな 究続兵、が県数、件次消イト業あや自た要なタン 製 る、膨グわフ論とど及なにリきかこか本 イ業 の域12 5。て加ピプア行ど 所い庫 ト別以上、い 別業0滅ナ化革るサ動、はどンの 。日大リちラかマんぼら起ンるかとらの 56公をタ企メうの のた県件ッで上位南でが 東で種件 とスを命。ー運E壮社ド設 造Vお本なッ、のらイなすずこ車こわはE自 械式見ル業リ。ト 立。、でプはを3東関東はでか系面促のEビ転V大会・置 び製イドE変述ナ影の日っかとら難V動 ベ視込な、カ日ー 促 地 群。、占地北東海、減ら列はす象Vス技とでイ高に 業へた造ン網V化べス響は本たらはずしに車 47察むどベの本ク ン 件 件馬66静め域の内の最少1 北ピ『起徴へ産術はあン速よ だ業フやをにれをを必製場E間、い切市 団。5ンスのセ 数 で県件岡たで1陸2もし2ラ自爆との業』切るフ道り に しにラ充端よば考受至造合V違近がり場 をま0チタ大ッ ト進 は 宮、の県。全2の1多た3ミ動剤し切になっ。ラ路、 のい大需電末る、察けで業、へいい、替が 派た0ャー手シ 、 城55愛の都体312か。件 なッ車とてりもどて が・駐 数き要スとチプしるあ全自のな将好わ、 でド製な都替大スも ガパ車 のなはテすャラてのる体動切い来むる現 県栃都県(都前 崩造る市えきマ切 ラー場 与 充メ内ーるンスみか。に車り。にとこ時 、 府(5道年 壊のだ全はなーり ッキ・ 切電リ需シ電スはた?日甚メ替日切好と点 木1 開「を技  熊 (3件府よ 活 』日ろ体、プト離 とンガ え スッ拡ョ力到『いそ本大ーえ本りまをで 県8ハ催ハ、 ド 本 2件)県り ど で本うの第ライせ 変グソ るりテト大ンス来社。の製なカがで替ざ想ガ 術年ノすノ来 イ ハノーバーメッセUSA 県、件)、別3あ優。ス4スンな わエリ ーををなマ』会 プ造影ー本、える像ソ 展9ーるー年 ツ (長プ 示 )、愛で件 発替 月バとバ9会メ 来年9月、シカゴで 1野県、埼知は多で動ビ列同タく招わ応 あ ラ 達得く意車きし(て(はづりガがが業る 10ー発ー月「ッ 件 岩玉県神い、あ車ジのじはのくらす大る え・意りとのるまモきイ、く自ソ、、は。 日メ表メにハセ ) 手県と奈20 増りメネ傘轍じ大こなる手。 ス モな』すもだうジたン日り動リ自家仕自 かッしッアノは だ静県、三川件 化、ース下(め手といこ製 ジ『にるのろ。ュがテ本に車ン動電事動 らセたセメー、 っ岡、京重県。 日カチにて日製はこと造 と ュ系変『づう『ー、グ 近の車車王が車 15U。Uリ Bが本ーャあつ本造、とは業 ー列わパく。自ルEラ づもか産 メ 日S Sカバto 3 校ぶで  8予 た 列のンる)の業日が簡は マ ルをっソり日動型Vル 得くのら業国激ー まA Aの ーB 」「、経 メ 日 件定研。 島系ス中を大が本悲単巨 組持てコ』本車)と型意。づEを日減 では 」シ 向 千 が日日済 でし究 津列に小踏手実の惨で体 イ みたしンはがの』な)とガくV襲本す カ ー ア、 とカッけ 社 ス本本成す ト本 、て開々ピあ製む自証家的はで 立なま・、得パにれ』 ソりへうのるの メ2 しゴセ産 タ式の長 ヨ 前い発 にラふ造の動し電ななあ ナ ていうス韓意ソ優ばでる『リはのか衰。 リ0 てで」業退悪下 20 ーも製著 式 年る機おミれ業だ車て業破いり 』グ。マ国とコ位『優 ン、切も 請 万 トの造しびッてはろメい界滅。、 へロ日ホやしン性組位す車家りしと夢け 合参社ハ向スカ しづ手い イタも に件能や 比数の たドい、うーるはとし変 ス のー本の中た化がみ性りの電替れ同で中 わ加、ノけで・ たく法イ の べは敷 だはる新かカ。じ衰か化 移バ人も国『』移合をあ製のえなじは小 せすIー展開シ 人 。りをン ス て1設 し巨。た?ートめ退しに 行ルがのが自がっわ保わ造もにいこあ製 てるMバ示催カ の 学学ド ンズづ 46 6を い大自な系もヨ多を変対 で調不づ得動起てせっせにのよ。とる造 21見Tー会さゴ万込S のれの 巨 必若は  ドキメ 、く 臨東は件人みに Iるマ 要者、日 海内、減 在替ス敏りハ客タり湧はれ化記るは 存いな必が数 以。は ッ セM。コ 大 なに日本 ヤり (陸東少 時え到速がウがル出き埋る)憶。、系脱。い要、の よな部め 野社  上来2 T全ー 規対本式 にマ 23(海し 代で来に苦が開化し上蔵準しか自企列皮仕 U しもこ企 びが長、 市ア高 と場4 S米ミ 展 律し企も ハ学 件25( が、。動手売拓にのが金備、ら社業かが事、なれ業 世らや77 生ル木 予者0 Sと最ッ ・て業の )件27た 訪そガけのれさよチるでを新記の体ら戦が親いらが 界、欧年 まフ俊 想は0 A同大ク 示 心製がづ 開な校 と)件。 れんソる「るれりャ新あすた録ノ質離略減 。の自 のグ米に れァ郎 さ両社に時の・ 構造イく ど な、)地 るなリ「大時、新ンたるるな ウの脱とる 会 製ロのア 。T( ② 社世企動 造ー海マ 2Kた れ展以 5開製プ 会 え現ンり っ③、域 でプン中手代中規スな。こ顧 ハデしな親 界業車 業バ外ダ 0Gか る示上5催造レ へ や場ド学 校 た近②別 あラ車小メが小マが需Eと客 情ウジ新る会とのは製 をル子入 1社ぎ 。会が0で業イ 実にの校 。畿関で ろスか製ーや製ーや要Vでと 報をタ活。社心強自造 見な会社 4長・ う・ら造 のカっ造ケっかへあマ5デル路 ・ 中豪動に て観社後 年。と 〜で大場 務フ月にア・サ国ク統  人開ナnT車学Mi州 れこをし践 。マE業ーて業ッてらのるー ジ化で 系すと車依 き点のもしにア大役ダ31し 3もきは同所ェ1向)スの)ス括オ オプテックス が校タseにんを メスてれ育、的イV」 くのトく埋切。ケSタが成 列る戦に存 たか社海て海ジ学。専月9お」 年Dい、社をン日けで Dは 会プ 参しカtcよで開Sーズいま成将ナへに る保とる蔵りノッ化ル必功 か必う固し 。ら長外見外ア時電 ま5) イ ・ な は 日を販聞をを代気務で3株 でAマヨの開バ付てのスA、ヨ社テ 加、州ihるい設uサキるです来技スのチ受。有新。金替ウト③化須す ら要必守て 本務売を訪中か通取ア年式 市Cーーセ設ッで、営 C屋 でッ 。3バtnTるしzナは。にるのの切ャ難小ノ規デのえハに社(でる のも要すい おめ本広問心ら信締マ長会 場Hケロキすハド2業 ・H外ーあク 独 ダ年ンuio。、uにグ 4学現能を 混りン 回ウ顧ジ掘でウ売有①あに 依なもるる が圏ッッュるにイ0活オ圏用ロるス に イコガtcyト4kMジ 校校場。 拡はトパリ。駐ツ1動ー(防ッオは キーロeaoヨ2iaャ がとリ直 大こでがテ 在・7をスド犯パプ、 ンスーはltタ0 rラ 開しー接 しの、最ィ 員オ年強トイセ(テ欧 防駐 工にルカ a自人Juー 設てダ指 て2中も市 事ッ10化リツン英ッ州 犯 業64にルI 動がItト さ、ー導 連や業で事 い 在 はがにドe  ハ人にラEutaの ばネるスう意くのもトたケど業トでた卓てジとどま放ワく 携パ活、務今る セ 日学開ゥnTM発があジxfunD いス企ケこ味りづ出ーなーに革を、。也いーしこっ談モ2 にー動現所回。 ン員 立ん校州trO動在りャcatea けに業ーと合とくてクビス注命当今日氏るをてまた会ノ回 よトと地 、 建で。チeaT機籍、スecesi な変がスをいいりいセジの目、て回本、企駆シで▼とど目 りナとで をド サ事 機い4ェriOのし2タlt ek いえ出は忘がう」たッネ多がIては国楽業使ー進テなも。 、ーもの 設 立イ を務 、る年ンはnRYて年ンluo i。るてサれ強とと。シスく集o白特内天代しメんーっが前 ビとに積 ツ 拡 18。コナタi Aいコ州erfIn、いーがく高い以ョをがまT熱にでの表てンだマた集回 ジの、極すに 年今ーイミnNMるーニni n  サるビち、品う前ン生こっとし「も と新ス?はがまは限行ンシのー  ネ協代的る駐 所 夏年スでルgTA。スムcnMsJ ー。スだ最質言、でみのていた製さ陰山したの 「、り第定わのョプ・9 ス業理なこ在 販 に中40 7・ THヤでラegataビ日化。もを葉私も出パいう議造ま てな神ユも今、4イれIンレエ月 のや店営と員 豊に人月ナCFAマ31ナは nip ス本、G肝作がはこしタると論業ざ貴デサ澤ーの回お次ベたo「イヌ13 化もビE心れ嫌これてー。生がのま之氏ィー太スづも酒産ン。T第ベ・日 て点ス連将用むのー速 拡 る50学hii・ュり校提野ド い田す自ジをなばいのにいン公産交サながービ郎ケくやが業ト30は4ンエ夜 いとや、来防。ブシでま大 。時生netB州、。供の国まる通る分ネは「万だコ対る。開効わー事パ・ス氏ーりっ入革で人ど次トー、 るし新I的犯住ラョ機たを 間1onu・ビア明す実内た。商視たスじ利事とラし例サさ率さビ例 エを、ス未ぱっ命、ほこ産とで東 。て市oにセ宅ンン動、進 の0lctRドン電る践大、 が 点ち化め益オ書ムてはーれ化れスがネヌ次そ」来りてに今どへ業なS京 、場Tはン用ドを的顧め 講0oee・ゥド 的学日 開 をのま、をッいの懸滅ビてやた化出リ・々し。イそ収興回参行革るC・ 展開関、サな浸図な客る 義人g  Kヤラ舎寄なに本 校 持強で海出ケたな念多スい予▼」てスエとて製ノう拾味は加く命トF渋 開拓連自をど透りコの。 をにy&o ナ・が付専、企 を たみ行外すー。かすに化る知第にきトー生テ造セな不津2のの―ー・谷 ををの動は各に、ミ近 行対大 fIガプ主講門製業 予 なをっの」ともでるなしユ保4スたをのみク業ンっ能々月小かニク計の 予行ビドじ種取現ュく っし学T nーラ体座教造が 定 けビてユといの「意いてー全次ポな務本出ノ代スてののにさ」ッセ測デ 定うジアめ屋り地ニで ててでeSsのデとも育業イ し れジいーいうづも見。新スな産ッかめ所しロ表〜し大ツ続ながポッ展ィ し拠ネ関、外組でケ迅 い約、cctNシな開を分ン て
Page2

2017年(平成29年)9月27日   (8)  公ン「ベ者ベ都  ブこ リ的本かるり長やめるル  近開動故ン、ン中矢 ルれそとに体しの、め可、がは従 アプリケーションベースのネットワークを 年し向障ダIダ野野 故 矢野 のまれしもかこがダに動動柔硬来ロ、たに予をT、区経 障 通でにな見られ一メ取部き めの 旭化成 ■ロボ電 A。関知対ソプ)済ソ 経 信の対いたはだ般ーっでの軟でロ I使うことのメリットとは 前編 I すソ象リラは研リ 済 性ロし。目みと的ジては激性耐ボボ 伸活 るリにュン、究 予 能ボロ に出ケだをたケしに久ッ ッ決こ現ンハけた  o用 調ュ実ー 設所ュ 研 をッボ もしーっ最わーい欠性トッ ト策れ在サー、らロの 査ー施シト備( 持ト電 ス、ブた小みブ屈けにケ ケと以でとド感、ボ びT エクストリームネットワークス 究カイル・ブラウン 取 」シしョ事機東ー知 所 たケは ッ機ル。化をル曲る優ー ーし上もアル覚今ッ事 業 開 発 責 任 者 り をョたン業器京シま せー、 キ能がしす作を部たれブ ト ブて、多クはを 表 よ ト ・ ル期追くチ高研りの から求果はるグが組 追スかに従縮がう面れ倍たを芯た 「待加のュくぎも性 てス すでネ にまるりを用  な、さにデと等、み ョ ンだ 加ペら対来ででににてませ巻とま面 ロさす機エ、澄っ能 配るきスこそすニ優加者テ もそれ対ー、のWが にー1しの吸き這密いで、きなま ボれる器ーそまとを マ 多なにのの。ーれ速のク ののてしタ製商e進動 よス0てロ収、わ着る伸引つる、 電てにがタのせ多さ 縮 くいとよ傾特ズた的Iノ と開いての造業b 萌 る化0断ボ。激せさ。びっけ弾伸 」いは取のひな ら 線 のシっう向にもIにTロ な発る高扱・向マ め 機で倍線ッそしるせロ、張て性縮 だる配り数とけくに ー 複スてながネ飛T高サジ っ状こいい保けー ら向 れ 芽 能き。寿トのいよてボ柔る伸体性に 。の線付がつれのセ高 雑テ無転あッ躍サめーー て況と精や全とケ 調期 拡、配命ケ効動う皮ッ軟と縮にをピ がをけ増がばン度 のんて ト性ム視換りト的ーるビの いはな度解分比テ 大セ線がー果きな膚ト性1性導追 、見らえ「な 化 を統す期まワにビとス進 る緩どが析野較ィい査 やンが10ブはも配ののに・を体加 旭直れれケらサ・し 常 フ も合るはすー高ス共へ化 。やか要結ですンる 、サ省倍ル、伸線よ表優4持線。タ 化さ、ばーな 安 たにこ、。クめににのは 成な配そブい ア全 で ら起とビ 関て対、依、 実常去もるA とれ把性デ及故間 線 まにめ高の 多先と機のしデッ がけ線れル。クチ性 識 ァ し因がジ 連いすよ存利 際との多もI故しる握やーび等違 でロっ有、い普まく進し器内てザ 開れがだ配し もの判デいの活障て点す構タかにい はボて効リ伸及たの的ての部いイ 発ば複け線かュ向 曲 ばやた統やらッ結をシジ中ー べレて想ま 機定ー。の用予挙なる造ポね繋が 、ッいだス縮拡、実なも取配るンと しな雑配」しエ上 ク なすめ合新れト果見ョネでソしきーネマす 器しタ具、は知げどこなイながあ 長トるとク性大近績研採り線。性 たら化線の、 ーさ 変 タ らべの、た、ワ、いンス、リかでシッシ。 はたか体現注にらがとどンいれっ さケ。しアがに年が究用付にロの密 伸ずしも問そ せ ト なきシ増なユーまだがに企ュしすョトンア 正とら的状目おれ、が因トこばた にー てセ安対のあ開さけ加ボ向 び、て増題のをよ が く時ス大アークすせ適と業ー、。ンワ、プ 常しAにでさいるそ重果間と人場 余ブ 評ス全しロる発れ用えッ上 るそいえだた取う え な間テすプザのまずしっ・シ利 はースリ にてIははれて。の要関のか命合 裕ル 価メ性、ボ。な、の、トに着 ロのるる。めりと リ りをムるリー管すにてて組ョ用 シクトケ 動もが、課ても 理視係関らに、 をの もンをそッ ど特配外本も ボ解。。セの付し るっー ま犠拡需ケへ理複いいど織ン可 ンのレー 作、異過題い、 由さを係、も事 持配 高ト高のト でに線部体適 す牲張要ーのに雑まるのはが能 プオーシ 。しなにシサ時にすのソ、増な ルージョ 所 げいでて知係にがグスし題し ボたがた など応ョー間な。かリ自加ベ でケ、ン でしら「活ものの繋難の型て」て ッ。当せ ケて けにえンビをるそ答ュ社すン あスそや はかれ個用、モ問げし手のもやい トこた、 れ費るのス取ネのえービるダ るトし仮 、しる別でそデ題らく法デ、、る のれ た 巽故な。性きれル」れ、でィブ仮等 作まりわ 俊 ー強 ウうのスるすをネPチ進 でにし産ォを  障が のるをを、な効はーラにの 業で 前 とみ 二 ドで低の代。変ッ)や化顧い注、性ーク多 予ら 問と他作さい果原プッ故「 環の を 室 ブ 戦あ下劣償仮更トを に客ま力従 ムラく 知、 題はのれら「的因ラク障精 境産 さ作 ア と れ 長 い 略れな化とにでワ置ク伴はすさ業 にウの ソ同 」限モたに因なのーボを度 は業 る 反 はばどにし、きーき っ、。せ員 移ド企 リ研 がらデと、果対特ニッ予の 、用てこ ル も、のよて運るク換セてビ るに応行管業 ュ究 挙なルし予関策定ンク知問 安ロきと はそ不る、用柔アえス、ジ こ重性す理で やの利生パコ軟ーるポ既ネ と要のるのは こ研障現し観とイ現ルSり解でー ムがみ機や本す外にモ 摘てにらッ緒た危間が全 効企益産フス性キこイ存ス にな向こプ、 と究予し、のがバ実・(、消、シ 構施込構触体いの設ノ協さ事人飛トに。険だ入策 果業を性ォトをテとンのの 取事上とラI もを知てそ実密ー世シサ今さ研ョ 築さみ、れに。ト置が働れ故やびが作し要っらで 的の伴やーが求クなトス発 り業をでッT 多通ソいう現接空界スイ後れ究ン にれ防柔たはそラさ行ロてにモ出急業か たな囲 でクう利マ下めチく(イ展 組活目、ト運 くじリくしにに間にテバ、てが おて止らら衝のブれきボいなノて拡をし 素たいま はラよ益ンがまャ、Aッ・ ん動指生フ用 なてュたた向連にあムー製い進 は ま すロ解は境ッは線わであ除要可いいなかす突たルる交ッるるがい大行最 にめ閉れ る解ーめ世け携ある)・造くめだ るボ決なでト、のみのりす素能てるどいぐ感めがたうト。危引るしう近 な ら、鎖、 がフ雑れトプ「にくシ まなトジで業 あ は明シに界てしる実とフ業とば 声電策いはの協 をよ、るを性も。安外停知ロ起め作は 険っケ、協、 たさ人 でォ性にフロア対こョ企す情すネあ、事り ずさョは観動たデ体いィがし課 萌 もにと。適作働や作うこ必極が事シ全皮止セボこ、業、 性かー本働人なわれや きーをよォープ とン業。報るスっ医 ま でれン、をき世ーとうジCて題芽 出期しそ切業ロ りるなれ要力あ故ス機、すンッり想環人 がかブ体ロとかみたモ し 業 まマ解りーチリてでをは やたをて療 せ あるの故実出界タサ、カPおも期 て待てので環ボ方配たまが排るのテ能挟るサトや定境や 指っルかボ一っは空ノ 内 すン消、ム」ケよネI、 アめよも分 ん (。スしネををー ッT特 クにり、野容。 しー活がい25 9進用はもし重故り いき働るいをがろら送は一んワだいバみイッなブ と着の使いボボしッま配ボ二ロ き を、ッ利採シりト部定 セ、効企、が でシ用ビず年年めし既トて要障、 」かロよや拡で、もで大長でイ。るイ込、ドどルロ考しリう企ッッこトく線ッ室ボ同て 達よト用用ョよワ門の ス簡率業教販 あョしッれごごらたにッいな予中 とけボうす大きそ満き電一いヤ巽。スん手マモ以ボえたスよ業トトれを設がト長電社い 成りワしすンくーのア を単的は育売 るンたグもろろれ故ビプる意知長 話をッにいしるの足、流短るレ室そなだ袋ウバ外電て外クうもをのか使計絡メは事のる す優ーまる中対ク中プ 求でに自産業 とを故デ構ににて障ックな。味へ期 し強トし価て。間で伸がががス長のどウやンイにはい皮軽に多使時らっしまー「業繊。 るれクすプ心処の心リ め直サ社業や し構障ー築ははお予グラおをの的 て化分た格量今をき縮流あ、へは用でェ衣トルもロる配減なくっ代新て、なカこ推維 続こたの。ラのす問にケ て接ポのな製 て築予タ社85 30り知デス、持取に いし野いで産後埋なすせるその「途もア類デ機、ボ」線にるロたにしき上いーれ進事 くとパ複そッアる題置ー い的ービど造 いす知やるるソA数 社、のーの製つりみ るてな。提化ビめ る、。れ動有は広ラなィ器イッとが本。ボこ入いた手よがま室業 社 累 程2研タ企造と組る 。いど特供しジる い。高ロぞき線拡がブどスやヤト話役体そッとり協。にう断で 本 。見リI計程度0究を業業考みと きににで、ネことど速ボれがか大っルにプ、ホケす立にのトの、働しロに線は巽部通ュを)度、1は活でで察は、 た働協き使スとこち伝電に進ら中てデ組レヘンー。つ密時をなロロかボうやロ俊  はし提スンはー  額は約30億円。着工は18年2月、竣工は  関係会社であるミャンマー味の素は、 1た供「ト、ビ横 最 工場新設・増設情報 9月第4週0。をD最成ス河 同年12月の予定。 約1000万米㌦(約11億円)を投資し、う0シ9D適果 ソ 横 ▼はごろもフーズ ま味調味料「味の素」の生産(包装)工 0ス月M操シ東京リ 成 万テ11O業ェ ュ 果適河 【日本国内】  主力製品であるシーチキンおよびシャ 場を、ヤンゴン管区ティラワ経済特区内 円ム日n支ア都ー シ ソ ▼アイリスオーヤマ キッとコーン製品の売り上げの伸長を想 に建設、稼働を開始した。延床面積5250か導かE援型武蔵シら入らXサの ョ ェ操リ  佐賀県の鳥栖工場に第二工場を増設。 定し、今後の市場の需要に十分に対応し 平方㍍(2階建て)、うち製造エリアの 。価開」ープ野ン ア業ュ LED照明の生産ラインと4万パレットを ていくため、静岡県静岡市の本社近隣の 延床面積650平方㍍。2格始のビラ市サ 型 ー 収容できる自動倉庫を新設する。 旧パスタプラントの跡地に新工場「新清  また、同じティラワ経済特区内に約 材定の規 目度0  同社の国内の自動倉庫の収容力は現在 水プラント」を建設する。 2200万米㌦(約24億円)の投資を実施。 料のデ格新指ま1 品支ショ 約20万パレット。今回の増設により、鳥  土地面積は4936平方㍍、延床面積は 粉末飲料「 」、品ーでサすで8 Birdy 3 in 1の工場を建設中添質タ運ー。に年 質援 栖工場は全体で約6.4万パレットの収容 9069平方㍍(6階建て)、設備投資額は で、18年4月に販売開始予定。さらに、加をを転ビ 累度 確 ン 力をもつこととなり、国内最大規模の工 約48億円。生産能力はツナ缶詰が日産約 18年上期中に 「味の素」の工場内に風味剤確取中ス 計10、保りのは で契 ササ 場となる。 19万缶、コーン缶詰が日産約10万缶。 調味料「Ros Dee」の生産ライン導入を水し込プ、 50約 保 ー  増設部の敷地面積は3万4224平方㍍、  稼働開始は20年5月の予定。 計画しており、「味の素」と合わせて製やなみラO 契、 燃が、ンP 約20 、ービ 投資金額は約60億円。販売計画は初年度 ▼ホソカワミクロン 品カテゴリを拡充することでミャンマー最適操業支援サービス 料ら一トC を年 コ ス 70億円、新規雇用人数は初年度20人。  築後約50年を経過し、耐震性の確保等 での事業拡大を加速し、早期に100億円 たやでえ減限きラ績ーーう質 う正必効開ダグメをたな スビ  竣工時期は18年7月の予定。 による安全性の向上や照明・空調の見直 を超える事業規模を目指す。っ、時る。特に出メにビタ余レ人。(要果始ンをー算めど トス ▼加藤製作所 しによる作業環境の改善、工場内レイア ▼島津製作所て複間結材数が果にとすー基スを裕ベ為 チにを後スオタ出にのどたタづで設をル的 ュ応定にとペとし必費 ウトの見直し等による生産性の向上を図  今後の業績向上にともなう増産に対応 料のかが、操めめをくは定もがな ーじ量はしレ操、要用 最開 る必要性から、大阪府枚方市の本社社屋 するため、フィリピンの製造小会社、プか確作て、15最過すた高操 ニて的、てー作設なを回ロる認がコ余分適去るせめ作 ンモに一伝タの定制最 小 に隣接する大阪工場を建て替える。 S H I M A D Z U P H I L I P P I N E S 収セプで製ス裕ごなのがてにで グデ提定達へタす御小  総床面積は1万30平方㍍、工場棟は MANUFACTURINGの基板製造ライン 物スラき品トをと運運、パなは )ル示期。のイる設化 始 、にンるにを最に転転同ラる、 をのし間操ガミパ定す 化 7600平方㍍(平屋建て5棟)、事務棟は を増設する。 エわトま与低小導パ実サメよ品 行修、の業インラ値る 2430平方㍍(4階建て)、投資総額は約  これによりフィリピン工場での生産高 いどン始ル と成にとしえるるめ導ン実 でュ更経構テプス際 大必状ネ 36億円。 を19年度には現在の2倍にあたる18億円 くのトしプ同な果応にかでか効て入シ現プ行ーに年築スラ応、まき要況ル  生産体制を維持するため、解体・建設 に引き上げ、また、3年間累計で3.5億円 と分、、製社っシじ操も導ど果い、ャはラえニ合劣はトン答操たながにギ し野鉄順造でてェて業、入うにく効ル、ンるンわ化2がトの作 効あ合ー  16年11月にKATO HICOM(旧IHI建 工事は2期に分けて実施。第1期工事着工 のコストダウンを図る。 てへ鋼次向はいア料コ導のか見た果診簡ト。グせや日不でデに、モ果るわな 機)を子会社化したことに伴い、グルー は18年3月、第1期工事竣工は19年4月、  建物面積は3700平方㍍(増設地は隣接い活、、け、る型金ス入判を合め検断易の はた操程要収ー対 をプせど る用排化にま。のがト後断確う、証、診最 2モ業度で集タすデ発ラての プ会社が増加し製品ラインナップが拡 第2期工事竣工は20年4月の予定。 する建物を購入)、投資額は3億7300万 。を水学提ず サ決削はが認投期のシ断適 時デ条、、すをるル揮ン調量 充。生産規模拡大に対応するため、茨城 円(建屋購入費、製造ライン増設費、生 広処、供は ー定減1可し資待順ス、操 間ル件設モる実プ作すト整を げ理セを紙 ビす効年能たででにテポ業 程のの備デ応際ロ成るです生 県坂東市に新工場を建設する。 【海外】 産・検査設備費など)、人員計画は19年 てなメ開パ スる果ご。うあき進ムテの 度チ変のル答のセの。、る産  土地面積は約6万6000平方㍍、総投資 ▼味の素 度128人(2016年度86人)。 ( )

カタログ分類