1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(194.7Kb)

フレームグラバー Xtium CLHS PX8

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 フレームグラバー Xtium CLHS PX8
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 194.7Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 テレダイン・ダルサ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

カメラリンク用フレームグラバー  Xtium CL MX
製品カタログ

テレダイン・ダルサ株式会社

【今冬リリース予定】トリリニアカラーカメラ Linea ML Color 8K/16K
製品カタログ

テレダイン・ダルサ株式会社

このカタログの内容

Page1

X tium-CLHS PX8 F rame Grabber on PCIe platform 最先端の CLHS 取り込みと処理 これまで市場において培われてきた Xcelera フレームグラバーシリーズの能力を元に、 XtiumTM-CLHS PX8 は AIA の Camera Link HS に準拠しており、PCI ExpressTM Gen 2.0 バスに対 応することでホストメモリへのより高速なアクセスを提供します。Xtium-CLHS は業界標準の CX4 ケーブルを使用し、最大 2.1GB/s のイメージ取り込みを1本のケーブルで、15mを超える距離で行 い、ホストへの伝送スピードは最大 3.2GB/s となります。また、これらの機能をコンパクトなハーフ サイズのボードにまとめました。 Xtium-CLHS は、高機能のデータ転送エンジン (DTE) を持ち、特殊なマザーボードやチップセッ 主な特長 ト環境でなくても最大のバンド幅を実現します。常に最大のスループットを維持し、イメージデータ を即時に使用可能な状態にする事により、Xtium-CLHS PX8 は CPU 利用率を最小化し、アプリ ・Half-length PCI Express Gen 2.0 x8 ・Camera Link HS 準拠 ケーションは処理時間を最大限有効活用する事が可能となります。 ・取り込み速度 最大 2.1GB/sec Xtium シリーズは今日の増加し続ける画像サイズと高速化し続けるフレームレートに対応してい ・ホスト転送速度 最大 3.2GB/sec ・ユーザープログラマブル 3x3 フィルタ けるよう設計されています。 ・データフォーワード機能(分散処理) ・CX4 ケーブル使用可 無償の取り込み/制御ソフトウエアライブラリー ・Windows®、Windows7、8(32/64bit)、 WOW64、Linux に対応 Xtium シリーズのフレームグラバーは、SaperaLT と完全対応しています。SaperaLT は、取り込み ・Sapera Vision Software SDK に対応 制御 SDK(Software Development Kit)です。Sapera LT はマシンビジョンの開発環境を豊かにしま ・FCC、CE、RoHS 準拠 す。SaperaLT は、GigE Vision、Camera Link、CameraLink HS などの規格のカメラやフレームグラ バーの取り込みに使用できます。 Sapera TM Vision SDK に対応 Xtium シリーズのフレームグラバーを使用する場合、標準の Sapera Processing ランタイムライセ ンスは無償となります。Sapera Processing は、画像処理/分析機能を提供する、Sapera Vision ソ フトウエアの中心です。Sapera Vision Software は、400 を超える画像処理関数を持ち、それらに は、バーコード、パターンマッチング(エリアベース、エッジベース)、OCR、カラー、ブロブ解析、レン ズ補正のためのキャリブレーションツールなどが含まれます。なお、標準ツールのランタイムライ センスには、画像処理関数、エリアベースのテンプレートマッチングツール、ブロブ解析、レンズ補 正ツールなどが含まれます。
Page2

Xtium-CLHS PX8 Frame Grabber on PCIe platform Xtium CLHS PX8 の仕様 カード Half-length PCIe x8 card • PCIe Rev 2.0 準拠 取り込み • エリアスキャン及びラインスキャン • 最大 2.1 GB/s CLHS • CLHS 1 to 7 lane configurations • Single CX4 cable input from camera • Support for CLHS acquisition trigger modes 1 through 4 特徴 • イメージクロッピング ・ユーザープログラマブル3x3フィルタ • 水平および垂直イメージ反転 • 複数のボードを使用したデータフォーワード機能 • 複数ボードを同期させ、複数カメラの同時取り込み 取り込みサイズ • Horizontal size: 64 bytes to 16 Kbytes • Vertical size: 1 line to 16 million lines オンボードメモリ • 1024 MB image buffer ピクセルフォーマット • Mono8, Mono10, Mono12 and Mono16 制御 • 包括的なイベント通知 • 外部イベントに同期したカメラ制御信号 • GenCP/SFNCを介したカメラコントロール コネクター • 1 x CX4 thumbscrew connector for incoming data from camera • DH60-27P for Board Trigger, Strobe and General I/Os (main bracket) • 16-pin connector on the board for Board Sync and/or other usage LED による表示 • エラーと取り込みのステータスを示す、3 つのLED • LEDはCLHS標準に準拠 マーキング • FCC Class A • CE • EU & China RoHS ソフトウエア • Supported by Sapera Vision SDK packages Sapera LT and CamExpert Sapera Essential • Microsoft Windows 7, Windows8/8.1, Windows10 32/64-bit, WOW64 and Linux(Kernel ver3.13) 動作温度、保管温度 • 温度 10°C から 50°C • 湿度 90%まで (結露しないこと) サイズ • 11.11cm length x 9.96cm height ※本仕様は、予告なく変更される場合がございますが、予めご了承ください。 TELEDYNE DALSA アジアパシフィック 〒170-0013 東京都豊島区東池袋 3-4-3 池袋イースト 13F TEL: 03-5960-6353 FAX: 03-5960-6354 E-mail: Sales.Asia@teledynedalsa.com