1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.5Mb)

【Topcon】2D分光放射計 SR-5000シリーズ

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 【Topcon】2D分光放射計 SR-5000シリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社トプコンテクノハウス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

【Topcon】紫外線強度計 UVR-300
製品カタログ

株式会社トプコンテクノハウス

【Topcon】2D色彩輝度計 UA-200シリーズ
製品カタログ

株式会社トプコンテクノハウス

【Topcon】工業用UVチェッカー UVR-T2
製品カタログ

株式会社トプコンテクノハウス

このカタログの内容

Page1

待望の2次元タイプ分光放射計! 2D分光放射計 / 分光放射計は、ここまで進化した 分光とフィルタ2つの測定⽅式による 各々の⻑所を⽣かし、⾼精度測定と ⾼速測定のコンバーチブルモデル 分光モード ハイブリッド XYZモード タイプ ⾼精度測定 ⾼速測定
Page2

分光測光⽅式で、⼆次元計測! 光計測の新しいソリューションの形です。 / 分光スペクトル、輝度、⾊度、相関⾊温度など140万ポイントの数値データの測定が可能です。 みえる 測定した数値データを疑似カラーやグレースケールの画像に置換えて表⽰でき測定対象物の ムラ表⽰などが可能です。 みえる 分光放射輝度の波⻑毎の画像やスペクトル同⼠のマッチング率により⽬に⾒えない現象の 可視化が可能です。 みえる • ⼀度に 1376x1024 ポイントの分光測定によりスペクトル変化を⾯で捉えることができる。 • ⽬に⾒えない現象を可視化することができる。 • 輝度、⾊度では識別できない変化を可視化することができる。 • 機器の校正には光のトレーサビリティのとれた光源を使⽤し、⾼精度な輝度・⾊度の精度保証を実現 • 点測定の分光放射計と同等の性能を有した⼆次元測定可能な分光放射計 分光モード XYZ( フィルタ ) モード ⾃社製光学 XYZ フィルターの採⽤により、0.005 〜 4 万 cd/m2 ※までの正確な輝度・⾊度測定が可能です。 ※ A 光源 共通機能 2 わかる わかる わかる かる かる かるは は は
Page3

標準付属ソフトウェア(⽇本語版、英語版)で、さらに効率的な評価をサポート パソコンからSR-5000 および SR-5000H 本体の制御や測定データの収集、保存、測定値を画像に置換えて表⽰。 多彩な情報処理により測定からデータ分析まで、効率的な評価が⾏なえます。 ■ライブビュー ⽤途に合わせ2種類の使い⽅が可能 測定対象物の明るさに応じ、ライブビューを表⽰。画⾯上のライブビューで測定範囲を 確認しつつ位置合わせが可能。 ■測定モード ■ピント合わせ補助機能ピントをリアルタイムに調整する場合に使⽤。ピント調整の⽬安となるスコア値を表⽰ SR-5000 及び SR-5000H の測定を含む することにより、安定したピント調整が可能。 全ての機能が使⽤可能。 ■最適化領域の設定 測定範囲以外に発光物があった場合にも最適化領域を指定することで、測定範囲に最適 ■レビューモード な測定が可能。■ルーラー表⽰ 保存した測定イメージの閲覧や解析が、 ドラッグした範囲の画素数や画素数に相当する⻑さ (mm) 表⽰ができます。 出来るモード。測定評価室などとは別 ■拡⼤ / 移動 のセクションで解析作業が可能。 ライブ画像の任意の場所の拡⼤及び位置の移動ができます。 アイコン/タブ群 表計算ソフトなどに貼り付けが可能 擬似カラービュー ⾊度図 各ビューで測定データの CSV 及び txt 保存、画像 (BMP/JPG/PNG) の保存が可 能。表計算ソフトなどに貼付も可能。 ► 表⽰データ選択項⽬ ➊ 三刺激値(X,Y,Z) ❹表⾊系 L*a*b* ❷ ⾊度x,y ❺ R,G,B データシート ❸ ⾊度uʼ,vʼ ❻分光放射輝度 主なビュー表⽰ ① 擬似カラー/グレースケール ⑦ x,y ⾊度図/ u ,̓vʼ ⾊度図 ⑬ ピクセルデータ 測定データを任意に配⾊した擬 スポットの⾊度 xy や u',v' 座標 測定イメージ内の任意のピクセ 似カラーと、グレースケールで 値が⾊度図上にプロットされ、 ルの分光スペクトル及び各種測 輝度・⾊度の測定データを任意 ⾊分布を確認可能。集中してい 定値を表⽰。 に配⾊して表⽰。ムラなどの測 る部分の拡⼤表⽰が可能。 ピーク波⻑表⽰も可能。 定に最適。 ② 等⾼線 ⑧ ヒストグラム ⑭ L*a*b* 三刺激値を区分し、同じ値を 縦軸に頻度、横軸に三刺激値を スポットの⾊度 L*a*b* 座標値 線で結び表⽰。 とった統計グラフを表⽰。 が⾊度図上にプロットされ、⾊ 分布を確認可能。集中している 部分の拡⼤表⽰が可能。 ③ 分割スポット ⑨ 測定イメージ⽐較 ⑮ 分光放射輝度画像 測定イメージを格⼦状に分割し 測定イメージの差分や⽐率計算 測定データを波⻑毎に画像とし て表⽰。各領域内の最⼤、最⼩、 による違いを画像として表⽰。 て表⽰。 平均で測定値を算出。 ④ 規格スポット ⑩ スポット⽐較 ⑯ バックライトシミュレーション JEITA 規格など 6 つの定型規格 測定スポットの⽐較結果を表 バックライトの持つムラの影響 が利⽤可能。測定スポットの形 ⽰。 を除いた液晶セル単独での分析 状/数の変更などカスタマイズ が可能。 が可能。 ⑤ 任意スポット ⑪ スペクトル検索 最⼤ 999 の測定スポットを⾃ スペクトル同⼠のマッチング率 由に配置し、測定が可能。 を表⽰。 円 形 / 正 ⽅ 形 / 多 ⾓ 形 ( 最 ⼤ 127 点 ) の選択が可能。 ⑥ 断⾯図 ⑫ 分光スペクトル 断⾯部分の三刺激値を縦横グラ 測定スポットが持つ波⻑毎の分 フ形式で表⽰。断⾯線は⼗字線 光放射輝度を表⽰。 / 斜線 ( 最⼤ 10 点 ) の選択が (横軸が波⻑、縦軸が分光放射 可能。 輝度を表します。 ) 3
Page4

主な⽤途 • LCDや関連部材、OLED、QD、レーザー、マイクロLEDなどの輝度・⾊度 ムラ、分光スペクトルムラ評価 • ⾃動⾞のメータパネルや内外装照明の発光分布特性、分光スペクトル評価 • LED照明、OLED照明の発光部の輝度・⾊度ムラ、分光スペクトルムラ評価 • 室内や屋外における景観全ての物体の分光スペクトル評価 • 繊維染織物の分光スペクトル評価 • 肌のシミや⾊素沈着の検出 • 吸収、反射、透過特性の分析 • フィルムやガラスコーティングのムラ、⼲渉縞計測 • タッチパネルのモアレ評価 使⽤例 ❖ OLED 、LCD やその関連部材などの輝度・⾊度ムラ、分光スペクトルムラ評価 スマートフォン 擬似カラービュー(輝度) ❶ ❷ ❸ ❷ ❸ 分光グラフ ⾊度図 ❶ 分光スペクトルまたは輝度・⾊度変化量より、OLED の RGB 有機物の 耐久性による表⽰⾯内の「カラーシフト」評価 ❖ ⾞載内外装ランプ評価 擬似カラービュー(輝度) ❶ ❷ RGB画像 ❶ ❷ インジケータの輝度ムラ、複数ポイントの分光スペクトルまたは輝度・⾊度評価 ❖ バックライトシミュレーション ❶ ❷ BLU LCM 分光特性(実測値) 分光特性(実測値) ) LCM LCM (実測値) BLU 基準BLU (シミュレーション値) (実測値) ❷ ) (実測値) ❹ ❶ ❸ ÷ × = LCD モジュール不具合解析 / フィルム不具合解析 ※ LCM:Liquid Crystal Module, BLU:Back Light Unit 4
Page5

❖ タッチセンサーモアレ評価 ❖ フィルムやガラスコーティングのムラ、⼲渉縞評価 グレースケール(輝度) フィルム輝度ムラ ❶分光スペクトル ❷分光スペクトル メッシュ線幅 メッシュ線幅 (⼲渉縞無) (⼲渉縞有) ⼤:縦 ⼩:縦 ❶ ❷ 100 100 80 80 60 ⼲渉縞 無 60 ⼲渉縞 有 40 40 メッシュ線幅 メッシュ線幅 20 ⼤:横 ⼩:横 フィルム分光透過率 20 フィルム分光透過率 0 0 543nm 600nm 740nm 750nm 分光スペクトルムラのマッチング解析 分光スペクトルムラ評価 ❖ SR-5000M+顕微鏡 活⽤例 OLEDの測定事例 擬似カラー(輝度) RGB表示 擬似カラー(輝度) ×20倍レンズで測定 ×100倍レンズで測定 分光スペクトル 分光スペクトル 489nm 509nm 575nm 643nm サブピクセル内の膜厚や膜質の分布差から メタルマスクのアライメントズレを分光特性で確認 ❖ スペクトル検索 ❖ 年代別視認性シミュレーション ❶ 検索スペクトル ❸スペクトル検索実行 年代別輝度特性 10代 20代 代(基準スペクトル)  →マッチング率 表示 30 ❶ 20 代 ❸ マッチング率 ⾼ 視 感 効 ❷ 検索対象データ 率 40代 50代 60代60 代 (実測値) ❷ マッチング率 低 波⻑ 400 500 600 700 分光スペクトルムラのマッチング解析 年代別分光感度に対応した「視認性シミュレーション」の実現 ❖ 任意光源下で測定した物体⾊を他の照明光源でシミュレーション 蛍光灯光源下 ハロゲン光源下            【測定イメージ】       【シミュレーションイメージ】 蛍光灯 ハロゲン ÷ × = 異なる光源下における「物体⾊シミュレーション」機能 5
Page6

ラインナップ 標準レンズ仕様 広角レンズ仕様 望遠レンズ仕様 マクロレンズ仕様 特注対応品 特注対応品 SDK (Software Development Kit) PC から SR-5000 を外部制御するヘッダファイル、ライブラリで構成されたソフトウェアの開発キットです。 外部通信やニーズに応じたオリジナルソフトの作成が可能です。 必要なデータのみの取得や表⽰をさせることができ、測定データのファイルサイズの低減が可能です。 サンプルも付属しております。 ⼨法図 SR-5000S / SR-5000HS SR-5000WS / SR-5000HWS 6
Page7

システム図 SR-5000 本体 SR-5000H 本体 ■標準構成 ●SR-5000またはSR-5000H本体 .................... 1台 ●広⾓アタッチメントレンズ .................... 1台  ※SR-5000WS、SR-5000HWSのみ ●ACアダプタ .............................................. 1個 ●USB3.0ケーブル ........................................ 1本 広⾓レンズ AC アダプタ ●DVD-ROM(ソフトウェア/取扱説明書/SDK) ... 1枚 ( 標準付属 ) ●対物レンズキャップ ..................................... 1個●キャリングケース ........................................ 1個 USB3.0 ケーブル ( 標準付属 ) パソコン (★) ソフトウェア ( 標準付属 ) 微動台 S-4 三脚 5N 型 雲台 キャリングケース ( 三脚 5N 型に標準装備 ) ( 標準付属 ) (★) 市販品 別売付属品 ●三脚 5N 型 ●微動台 S-4 測定物の視準が容易に⾏えます。 三脚 5N 型の雲台を外し、本ユニットを取付ける ●最⾼⾼さ:1835mm ●最低⾼さ:585mm ことで上下左右の視準が容易に⾏えます。 ●収納⻑さ:810mm ●三脚⾜段数:3 段 ●仰⾓:40° ●俯⾓:80° ●質量:約 4.8kg、雲台付 ●回転:360° ●質量:約 1.7kg SR-5000T / SR-5000HT SR-5000M / SR-5000HM 三脚取付けネジおよび冶具取付け⽤ネジ⽳ を使⽤する場合は、指定されたネジを使⽤ してください。また、必要以上に強く締め ないでください。内部が破損することがあ ります。 単位:mm 7
Page8

仕 様 機種 SR-5000HS SR-5000HWS SR-5000HT SR-5000HM SR-5000HS SR-5000HWS SR-5000HT SR-5000HM SR-5000S SR-5000WS SR-5000T SR-5000M SR-5000Hシリーズ共通 測定モード *1 分光モード XYZモード 受光素⼦ 140万画素 CCDイメージセンサ 対物レンズ 標準レンズ 広⾓レンズ *2 望遠レンズ マクロレンズ 焦点距離:f=32mm 焦点距離:f=24mm 焦点距離:f=140mm - 測定ポイント数 1376×1024 測定範囲 *3 0.5〜5,000,000cd/m2 0.005〜40,000cd/m2 測定波⻑範囲 380〜780nm - 波⻑精度 ±0.5nm (Hg輝線、⾼精度モードにおいて) - スペクトル波⻑幅 7nm (半値幅、⾼精度モードにおいて) - 波⻑分解能 1nm - 直線性 輝度 *3,*4 ±2%以内 ±3% ⾊度 *3,*4 ±0.002以内 ±0.0035以内 (≦1cd/m2) ±0.002以内 ±0.005以内 (≦1cd/m2)、±0.003以内 (1cd/m2<) ±0.002以内 (1cd/m2<) *4,*7 ±0.005以内 ±0.008以内 ⾯内ムラ均⼀性 *8 輝度: ±2%以内 / ⾊度: ±0.003以内 輝度: ±2%以内 / ⾊度: ±0.003以内 繰返し精度 輝度 *3,*4,*5 0.5%以内 0.5%以内 (≦1cd/m2)、0.3%以内 (1cd/m2<) ⾊度 *3,*4,*6 0.002以内 (≦1cd/m2)、0.001以内 (1cd/m2<) 0.0035以内 (≦0.05cd/m2)、0.002以内 (0.05cd/m2<) インターフェイス USB3.0 / 外部トリガ 電源 AC100〜240V (50/60Hz) 専⽤ACアダプタ 消費電⼒ 約20W 使⽤条件 0〜40℃、80%R.H.以下 (結露なきこと) 外形⼨法(突起含まず) W162×H247×D372.5mm W162×H247×D402.4mm W162×H247×D412.5mm W162×H247×D330.5mm 重量 約5.5Kg 約5.7kg 約7.6kg 約4.9kg *1:SR-5000S/WS/T/M:分光モードのみ搭載、SR-5000HS/HWS/HT/HM:分光モード / XYZモード搭載 *2:標準レンズ+広⾓アタッチメントレンズ装着時, *3:標準光源Aに対して, *4:CCD中⼼位置にて評価, *5:2σにおいて, *6:最⼤値-最⼩値 *7:標準光源Aと当社基準⾊ガラスの組み合わせにおいて, *8 : 標準光源AとCCD有効画素中⼼を含む視野内80%範囲63ポイントにおいて 測定領域: 標準レンズ 測定領域: 広⾓レンズ 測定距離 (mm) 400 500 1,000 1,500 2,000 2,500 測定距離 (mm) 400 500 1,000 1,500 2,000 2,500 インチ (inch) 9.2 11.4 22.5 33.5 44.7 55.3 インチ (inch) 12.7 15.6 30.3 44.9 59.6 74.1 横 (mm) 187.1 232.8 458.1 682.7 910.3 1127.0 横 (mm) 259.1 318.4 617.4 914.1 1213.7 1510.7 縦 (mm) 139.2 173.2 340.9 508.1 677.4 838.7 縦 (mm) 192.8 236.9 459.5 680.3 903.2 1124.2 測定領域: 望遠レンズ 測定領域: マクロレンズ 測定距離 (mm) 600 1,000 1,500 2,500 測定距離 (mm) 6 ※測定距離は、対物レンズ⾦物先端からの距離で⽰されています。※この表の数値は設計基準値であり、実際の直径とは多少異なる場合があります。 インチ (inch) 3.1 5.6 8.7 14.9 インチ (inch) 0.3 ※視野内 80%範囲の領域となります。 横 (mm) 63.6 114.2 177.5 303.4 横 (mm) 7.1 縦 (mm) 47.3 84.9 132.1 225.8 縦 (mm) 5.3 動作条件 OS Windows® 7 Ultimate(64bit)SP1 USB ポート USB3.0:1 ポート Windows® 7 Professional(64bit)SP1 ※ マザーボード上(ノートPC の場合は本体)のUSB3.0ポートを使⽤して ※ XP モードでの使⽤は不可 ください。 Windows® 10 Pro (64bit) ※ 拡張カードを使⽤した場合は正常に動作しない場合があります。 CPU Intel® Core(TM) i7-4770 以上 USB ドライバ Intel® USB 3.0 eXtensible Host Controller Driver メモリ 8GB以上 Intel® 8 series (Haswell) or later : 4.0.6.60 or later HDD 500GB以上 インストーラはIntel のウェブサイトからダウンロードできます。 システムドライブ(OS がインストールされているドライブ)に3GB 以上 ディスプレイ 1024*768 以上、1677 万⾊(32bit)以上 の空き容量が必要です。 ドライブ DVD-ROM ドライブ フルサイズでの測定を⾏った場合、1 回の測定データの最⼤容量は約 ※Microsoft及びWindowsは、⽶国Microsoft Corporation社の⽶国およびその他の国における登録商標または商標です。 2.5GB になります。 ※Intelは、インテル社の登録商標です。 ※その他記載された社名、製品名などは、⼀般に各社の登録商標および商標です。 ※本仕様は弊社動作確認環境を元にした推奨条件です。(PC 個別の相性問題に付きましては保証致しかねます。) JCSS は、計量法に基づくトレ ーサビリティ制度のロゴです。 トプコンテクノハウスは「光」 区分の認定業者で、0073 は トプコンテクノハウスの認定 番号です。 (JCSS:JAPAN Calibration Service System) トプコンテクノハウスは、計量法に基づく 「光」の認定事業者として認定されました。 照度(照度計)、光度(ランプ)、分光放射照度(ランプ) に関して、国家標準に基づいてその精度を保証する“JCSS” のロゴマークつきの校正証明書を発⾏いたします。 ※画⾯は⼀部はめ込み合成です。 ※カタログの掲載商品の仕様及び外観は改良のため予告なく変更されることがあります。 ※カタログ掲載商品には別売品が含まれている場合があります。 ※カタログと実際の商品の⾊は、撮影・印刷の関係で多少ことなる場合があります。 安全に関するご注意 正しく安全にお使いいただくため、ご使⽤の前に必ず「取扱説明書」をよくお読み下さい。 ・必ず指定の電源電圧に接続してご使⽤下さい。 接続を誤ると、⽕災や感電の原因となります。 ⽇本製 M a d e i n J a p a n © 2016 Printed in Japan 2018 02 8