1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7Mb)

現金を扱うスタッフのストレスを軽減するEbook

ハンドブック

現金取り扱いプロセスの成否を違算だけで判断すれば、隠れたコスト、つまりスタッフの負担を見落としてしまいます。

このカタログについて

ドキュメント名 現金を扱うスタッフのストレスを軽減するEbook
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 7Mb
取り扱い企業 テラーメイト・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

東天閣様導入事例
事例紹介

テラーメイト・ジャパン株式会社

現金取り扱い手順ガイド
ハンドブック

テラーメイト・ジャパン株式会社

現金を重さでカウント!インサイダーガイド
ハンドブック

テラーメイト・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

現金を扱うスタッフの ストレスを軽減
Page2

目次 はじめに 3 主なリスク 4 人手不足による影響 5 ストレスがスタッフに与える影響 6 スタッフを危険にさらす非効率なプロセス 7 結論 8 シナリオ 10
Page3

はじめに 現金取り扱いプロセスの成否を現金ロス だけで判断すれば、隠れたコスト、つまり スタッフの負担を見落としてしまいます。 テラーメイトは、現金取り扱いプロセスの評価指標は現金ロスだけではないと考えます。 現金管理の不備によってスタッフにしわ寄せが来れば、士気や業績、定着率が低下します。 スタッフが気持ち良く働ける環境を整えるには、現金管理プロセスを 見直す必要が あります。
Page4

主なリスク 従業員に対する注意義務を怠ると、 主に次のような問題が生じます。 1 人材不足による影響 2 ストレスがスタッフに与える影響 3 スタッフを危険にさらす非効率なプロセス こうしたリスクがビジネス面でどのような意味を持つかを詳しくご紹介します。
Page5

現金管理を めぐる事実 1人材不足による影響 あちこちで繰り返し生じる現金ロスが 深刻な問題に発展したら、 どうなりますか? レジ点検・レジ締め作業などの現金を扱う作 する必要があります。こうした作業に費やす時間に対 業は、スタッフにとってもお店にとっても非常に して報酬が生じていることを考えれば、このツールは 重要な作業です。 十分に元が取れます。 そのために、違算が発生した際に、責任を感じてロス 違算が発生して何度も数え直して、残業になってしま をスタッフが補てんすることがありませんか。現金ロ うことも多いはずです。ツールを使うことで、こうした スをスタッフの責任にしても、実際の違算発生の原 違算調査にかかる時間が短縮できるとしたらどうで 因がわからず、繰り返し違算が発生する環境を放置 しょうか。定時退社ができる環境を作ることは、会社 することになります。効率的な現金取り扱いプロセス にとってもスタッフにとっても重要です。 を整備すれば、スタッフの作業をサポートしながら、 ミスを防ぎ、ストレスを減らすことができます。会社 1 人材不足による影響 が必要とする真面目なスタッフを定着させる上でも 役立ちます。 2 ストレスがスタッフに与える影響 現場のマネージャーに違算を調査させるには、レジ 締めや現金のダブルチェック、調査、金庫の確認、釣 3 スタッフを危険にさらす非効率なプロセス り銭の検証にかかる時間を短縮できるツールを用意 こうしたリスクがビジネス面でどのような意味を持つかを詳しくご紹介します。
Page6

2 ストレスがスタッフに与える影響 ストレスによって業績が低下し、病欠が増えるのは 周知の事実です。 責任感のあるスタッフほど、レジ締め作業が大きなストレスになることもあります。 違算がないかどうか監視されている状 間を侵食し、現金のカウントが終わるま スポットチェックで昼間の業務が楽にな 況、信用されていないと感じる状況、違 でスタッフも帰れないため、不満が生じ れば、接客に集中できます。こうしたツー 算金が出ればスタッフが責任を問われ るでしょう。こうした状況では、レジの現 ルを導入すれば、雇用主としても注意義 る状況でのレジ締め作業は特にストレ 金を1分足らずで計数できる現金カウン 務を果たしていることをアピールしなが スが溜まります。そうなると悪循環に陥 ターが堅実な投資対象になってきます。 ら、現場の士気や業績を向上させること り、100%正確でなければならないとい 現金カウンターの利用によるソフト面の が可能です。 うプレッシャーがさらなるストレスやミ メリットは見過ごされがちですが、同じ スにつながると担当者は述べています。 ように重要です。レジ締め作業がスムー ミスが見つかれば、現金を再度カウント ズに終わることをスタッフが知っていれ しなければなりません。レジ締め作業が ば、日中も現金の計数に関わるストレス ボトルネックになり、管理に回すべき時 が溜まらず、ミスも起きにくくなります。
Page7

3 スタッフを危険にさらす非効率なプロセス 注意義務が重視される昨今、 手作業による現金管理を最小 100% 限に抑える必要性がこれまで 正確でなければならない というプレッシャーは 以上に高まっています。 ストレスやミスの 増加につながります。 残業代が支払われるかどうかにかかわらず、マネージャーが 夜遅くまで仕事すれば、大きなリスクにさらされます。 世界各国の労働者保護法では、深夜に1人で働く従業員の安全を確保 するよう企業に義務づけています。そのための第一歩が、リスクをはら んだ分野を従業員自身が特定できる共同リスク評価です。警鐘を鳴ら すためのエスカレーションプロセスや適切なツールを検討しなければ なりません。単独労働時間の短縮に役立つ現金カウンターの導入を検 討する必要があります。こうした対策は、企業が注意義務をしっかりと果 たしていることの現れでもあります。そもそも、各種ツールによってレジ 締めがすばやく終わるようになれば、単独労働の必要もなくなります。
Page8

結論 結論 1 現金取り扱いプロセスが確立していない店舗では、現金を取り扱う業務が大きなストレスになる可能性があります。 2 不信感や不満は士気を低下させ、業績水準にも悪影響を与えかねません。 3 こうした要因が人材の採用や確保に影響を及ぼし始めると、組織全体が急激に腐敗していきます。 4 レジの不足金をスタッフが補てんしている可能性があるとしたら、すぐに現金取り扱いプロセスを見直すべきです。 5 適切なツールやプロセスを導入してスタッフの満足度が向上すれば、店舗の雰囲気も良くなり、カスタマーサービスも改善できます。
Page9

これで 心配事が一つ 減ります。 テラーメイトの現金カウンターは ストレスを軽減し、 社内で現金管理の透明性を 向上させます。 T-i X 現金カウンター
Page10

現金管理業務に ひそむストレス 現金ロスの この問題は 問題はありません。 現場のマネージャーに 任せていますから。 地区担当マネージャー 店舗 01 店舗 02 違算が多く発生しているため、スタッフが責任を感じて違 レジで余剰金が生じた場合は、マネージャーがプールし、 算の補てんをしています。 不足金の補てんにあてています。 ティムは違算の調査が実施されないことを アンナは入社して日が浅く、レジ操作がま 知っています。違算を防止しようとしても記録 だまだ不慣れです。返品の際のレジ処理ミ が残っていないと分かっているからです。 ス、入力ミスなどによりレジが合わない日が 多く発生しています。この補てんに「プール 金」が使われています。 サリーは真面目で頼りがいがあり、評価の 高いスタッフですが、違算が多く発生する環 境で疑心暗鬼になり、ストレスを感じていま す。責任を感じ、違算分は補てんしてきまし たが、耐えられなくなり、辞表を出しました。
Page11

在庫ロスのほうが スタッフの離職率が 心配です。 こんなに高いのはなぜ? 違算対応責任者 人事担当者 店舗 03 店舗 04 レジの現金が足りないと、原因を解明し、不足金を見つけ 現金取り扱いの新たな方針を導入したことで現金ロスが るためにマネージャーが遅くまで残業します。 増加しています。 グレッグはレジ作業のミスを調査するた ジェフは現金ロスが重視されるようになっ めに遅くまで働いています。違算を防止する たことで部下が強いストレスを感じているこ ためのサポートを求めていますが、言い出せ とに気付きました。ストレスによってミスが増 る雰囲気ではありません。レジ締め作業のた えていますが、不足金を自分で補てんする傾 めに多くの作業時間を使わざるをえず、その 向があるようです。どうすれば部下を安心さ 他の重要な店舗作業に充てる時間は、残業 せることができるでしょうか?管理方法を精 することによって作り出すしかありません。い 査するために、ミスが起きやすい原因も見極 ずれ辞表を出したいと考えています。 めたいと考えています。
Page12

現金のカウントや管理は テラーメイトにお任せください テラーメイトは、世界中の個人や企業が現金を迅速か つ正確にカウントできるようサポートしています。ミスを 減らし、損失を食い止め、間違いのない現金収支報告 を実現します。 各社のビジネスにはそれぞれの特色があるため、あら ゆる企業に通用する方法などないと当社は考えていま す。時間をかけてお客様のビジネスを理解した上で、最 適な解決策を見つけます。 ぜひ当社にご相談ください。優れた製品と優れた人材 を兼ね備えたテラーメイトが、現金管理のスピードアッ プと強化をお手伝いします。 信頼できるパートナー、 テラーメイトにお任せください。 www.tellermate.com facebook.com/tellermatejapan