このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

遠方自動撮影技術

製品カタログ

画像によるコンクリート構造物の変状調査

近接目視が困難な箇所を高画質カメラ、望遠レンズ、自動雲台により遠方から自動で撮影し、構造物表面の状態を画像化することにより、ひび割れ、漏水等の劣化・変状を精度良く検出する技術です。
得られた画像データを劣化・変状展開図に変換し、当社で開発した「CrackDraw21」に入力することにより、設備の状態確認や劣化・変状特性の分析などきめ細かな設備管理を行うことができ、大規模地震後の健全度確認などへの対応も容易です。

このカタログについて

ドキュメント名 遠方自動撮影技術
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.5Mb
取り扱い企業 株式会社東設土木コンサルタント (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

走行型トンネル撮影技術
製品カタログ

株式会社東設土木コンサルタント

CrackDraw21(クラックドロー21)
製品カタログ

株式会社東設土木コンサルタント

道路・鉄道等の土木構造物、建築物の点検・調査・診断・測量・計測
製品カタログ

株式会社東設土木コンサルタント

カタログ分類