1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1Mb)

エージェントシステムプラットフォーム

製品カタログ

ルールモデルベース開発

エッジインテリジェントを実現するAIルールベースシステム

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 エージェントシステムプラットフォーム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 キャッツ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

CATS 製品紹介セミナ
製品カタログ

キャッツ株式会社

ODM(Original Design Manufacturing)事業
製品カタログ

キャッツ株式会社

このカタログの内容

Page1

エージェントシステム プラットフォーム 自動運転に必要な「危険予知エージェント」 優良なドライバの特徴として危険予知能力が高いことがあります。危険予知エージェントを搭載する することで危険予知能力を取り入れることができます。 どのようにエージェントを構築するのか? エージェントの知能部分をモデルベースで開発します。具体的には決定表を用いて知能をルールとして表 現します。 例えば、図1は危険予知エージェントがドライバーにヘッドアップディスプレイ(HUD)で雪道での危険 予知を警告している様子を示しています。雪道運転での知識を決定表でモデリングしたものが表1です。 表1 危険予知ルールモデル ▶危険予知エージェント動画URL http://www.zipc.com/product/ZIPC_R&B/video/ https://youtu.be/aaBo6BuVRts 図1 危険予知エージェントシミュレーション画面 ルールベースをモデルベースにすることで従来の課題を解決 従来のエキスパートシステムで用いていたIF-THEN表記法では再利用、分割、階層化を行う事が難しく、 ルールスパゲティ、ルール爆発を起こしていました。そこで、ルールにモデルベースを導入することでこれ らの課題を解決し、マルチエージェントの構築もしやすくなりました(図2)。 図2 ルールモデルベース開発 (*)決定表の書式はSpecification of single-hit decision table(決定表) ISO5086 (JIS X0125)に対応 (*) TTC(Time-To-Collision) 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-9 アリーナタワー TEL:045-473-2816 詳細はinfo@zipc.comまでお問い合わせください。http://www.zipc.com/ キャッツ株式会社 ▼
Page2

~ お気軽にお問い合わせを! info@zipc.com ~ エージェントシステム プラットフォーム 様々な環境と連携したエージェント開 発 様々な環境と連携してエージェント開発を行えます。 図3はゲームエンジンUnity上で自動運転ルールエージェントを動作させた例です。 図3 ゲームエンジン Unity上での動作 ▶判断エージェント動画URL http://www.zipc.com/product/ZIPC_R&B/video/ https://youtu.be/XgNImPGhzVo 様々なドメインのエージェント開発 ROS(Robot Operating System)などの環境と協調 してエージェント開発を行えます。 図4はヒューマノイドロボット”NAO”の開発環 境”Choregraphe”とZIPC Designer R&Bを用い て”NAO”に横断歩道を歩行する判断エージェントを構 築した例です。 図4 ヒューマノイドロボットエージェント ▶判断エージェント動画URL http://www.zipc.com/product/ZIPC_R&B/video/ https://youtu.be/HuOkGi3AS0A ●自動運転システムとルールベースシステムに関する記事 http://www.nttdata.com/jp/ja/insights/trend_keyword/2016052701.html ●エッジインテリジェントを実現するルールベースシステム~自動運転システムの場合~ http://www.zipc.com/instance/files/vol19/vol19-13.pdf キャッツ株式会社 ・本資料の内容は、予告なしに変更する場合があります。 ・本資料に掲載された社名、製品名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。 201712

カタログ分類