1/5ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4Mb)

【 協働ロボット 】 システムインテグレーション・サービス

製品カタログ

人とロボットの協働環境の構築へ

◆協働ロボット作業のシステム構築事例
・生産ラインシステム
・目視検査システム
・機能検査システム

◆ペストプラクティス

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 【 協働ロボット 】 システムインテグレーション・サービス
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 グローリー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

人とロボットの協働環境の構築へ グローリーの ロボット・システムインテグレーション・サービス
Page2

GLORY ASROF CONCEPT 最人 適と 1950年、国産第一号の硬貨計数機を開発して以来、グローリーは紙幣・硬貨の識別技術・搬送技術を駆使し、人に代わって作業を担う なロ 高度な通貨処理機器を提供してきました。 「機械にできる事は機械に任せ、人は人にしか出来ない事に能力と時間 環ボ を集中していく」。 通貨処理機器のグローバルトップブランドとして 境ッ 歩んできたグローリーのものづくりに込めた想いです。 グローリーは、生産ラインへのロボット導入にいち早く着手すると づト ともに、“ 人とロボットとの協働” を目指すものづくりに取り組み、 くの 高い評価をいただいています。ロボットの持つ能力、 生産現場でのニーズに応じた周辺設備と り協 ロボットのエンドエフェクタの開発力、そして全てを連携させる アプリケーション構築力・・・。 を働 私たちグローリーが蓄積してきた、人とロボットの最適な協働環境作り 目、 のノウハウを、明日を見すえた生産現場改革に、是非お役立てください。 指 し て 。 Automation Smart Robot for Future 写真はグローリー埼玉工場のライン風景
Page3

グローリーの ロボット・システムインテグレーション・サービス[ アスロフ] 長年培われた“ものづくり”の知識と技術、そして実績を傾注。 通貨処理機器をはじめとした製品の開発、製造、品質管理で培われたグローリーのコア技術、「認識技術」「メカトロ技術」、 そして「工程設計力」。 グローリーのロボット・システムインテグレーション・サービスはこれらの技術を駆使し、 生産工程での緻密な「人の動作分析」、そして周辺装置の開発を含めて、ロボットによる自働生産効率を徹底的に追求。 人とロボットの最適な協働環境を構築します。 認識技術 組み立て順位、必要物、配置、 工程設計力 時間制約、双腕の動き、目の動き… 人とロボットの メカトロ技術 最適な協働環境の構築 効果的な環境適応要件の開発 3つの適応力 ライン環境に応じて最大効果を引き出すための 環境適応要件の開発。  ●現物認識 ●部品供給・受渡装置 ●ポジション自律移動 場所 への適応 自社経験に基づいて ご提案する 大切な3つの「適応」 人 モノ との適応 への適応 人との作業仕分け ツールの開発・製作 100%の仕上がり品精度を保つために、ロボット 様々な部品、工具、治具のロボットでの取り扱いを 作業での万一の精度不足時には、人が確認を行う 可能にする、ハンドや周辺装置等の開発・製作。 協働体制を構築。 ●自律交換機能
Page4

GLORY ASROF STRENGTH グローリーの“ものづくりDNA”を結実。自働化実現に必要な周辺装置の開発もお任せください 部品準備・加工 例えば、マルチハンドの設計・製作 組み立て・結合 多種多様なパーツを使う様々な工程で、共通して使えるマルチ 機能検査 ユースのハンドパーツは、エアー動力による滑らかな制御を実現。 大きさや形状・材質の異なる様々なパーツをピックアップすることが 「目視」検査協働ロボット適応作業例 でき、細かな部品や紙、柔らかいゴムなども確実にキャッチします。 封入・シール貼り 人には難しい精緻な組み立て工程も、正確に行えます。 ピッキング 装填 カット貼り グローリーがNEXTAGE 導入にあたり独自開発した[マルチハンド] お打ち合わせから導入・稼働までのフロー グローリーの[ロボット・システムインテグレーション・サービス] グローリーを選択するメリット 「生産現場」発のサービス 本稼働開始 稼働実績の裏付け 1 事前検討 2 企画構想 3 仕様定義 4 実施計画 5 製作・調整 6 保守・点検 エンドエフェクト開発力 多彩なロボット提案 作業工程のロボット化に関する 現状作業工程における課題を 具体的な仕様を定義し、システ ロボットの方式を含め、具体的な ロボットプログラムの開発、 定期点検の実施、必要に応じた ニーズ、要求仕様をお聞き取り 抽出し、ロボットシステム導入 ムフローを精査しながら、プロ 詳細設計の実施、運用に向けて 関連装置の製作、実稼働環境へ 調整、障害発生時の対応など、 し、導入工程と期間、概算費用 の全体構想をまとめます。 ジェクト計画書をまとめます。 能力の妥当性等を検証します。 の据え付け・調整を行います。 稼働後の安心へ、トータルサ お客様のご要望に応じたサービスメニューを用意 を検討します。 ポート・サービスを提供します。 パッケージ活用サービス ロボットを購入し自社でシステムを構築される企業様へ ●人手作業分析 ●工程詳細設計 ●技術課題抽出 ●技術解決手段抽出 ●ロボット動作構成 ●デバック ●納品設置 ●工程分析 ●自働化構成案抽出 ●全体構成 ●制御機器構成 ●設計 ●組み立て ●テスト ●検証 コンサルティングサービス ロボット協働環境の導入に向けたご相談対応 協働ロボット作業のシステム構築例 ベストプラクティスの蓄積 生産ラインシステム 目視検査システム 機能検査システム 「 ユーザー」として自社工場で培ってきた経験と視点を、「生産現場発信」のシステムインテグレーションとしてカタチに 複数のロボットを配置し、効率的なラインを ロボットに実装されたカメラを使い、生産品 検査機器やパソコンを併用しながら、カメ グローリー埼玉工場では、国内生産による信頼と国際競争力の維持を実現するため、早くから自働化を進めてきました。[ NEXTAGE]との出会い 編成。 また、磁気マーカー式AGVにより、 の画像検査を実施。検査しやすいアングルに ラとハンドを使って生産品の機能検査を は2009年。以来、未来志向の協働環境創造に向けて工夫と改良を積み重ねてきました。 私たちグローリーは、2017年4月現在23台の ロボットが作業ポジションを移動する、自律 ロボット自身が生産品を動かし、目視検査 実施します。 [NEXTAGE]を製造メンバーとして稼働させている、最大ユーザーでもあります。 走行システムの構築も可能です。 することが可能です。 1993年 2005年 2009年 2017年 23台が生産ラインの“メンバー” として活躍し、多品種変量生産に フレキシブルに対応。 製品の品質 安定化を可能にする画期的な生産 ラインを実現しています。 小型紙幣計数機 社内の生産技術向上を図るため ヒト型ロボット[NEXTAGE]を活用した グローリー埼玉工場にて実稼働している[NEXTAGE]協働ライン 自働組み立てライン 自働化設備の内製促進 協働生産ラインの構築
Page5

人とロボットの協働環境創造イノベーターとして ベストプラクティスへの評価 第5回 ものづくり日本大賞「経済産業大臣賞」受賞 ■受賞理由(経済産業省発表) ●ビジョンを有し、両手が駆動可能というヒト型ロボットの特徴を生かし、動作の遅さを問題としない多品種  少量の組立工程への適用、ハンド部の工夫により、ヒト型ロボットの能力を最大限引き出すことに成功。 ●「多能工化」という形でこれまで自働化が困難とされた多品種少量組み立ての自働化を可能とし、今後の  適用範囲の拡大、日本での生産維持への貢献に期待。 第5回 ロボット大賞「次世代産業特別賞」共同受賞 グローリー埼玉工場におけるフレキシブルな自働組み立てラインを実現する人型ロボット[NEXTAGE] への取り組みが評価され、第5回 ロボット大賞において「次世代産業特別賞」を、川田工業株式会社様と 共同受賞しました。 グローリーの ロボット・システムインテグレーション・サービス ASROF 初期導入支援 ASROF ソリューション提供 ASROF コンサルティング 初めての導入、トライアル導入など、 自働化をお考えの企業様へ、ベスト 事前の検討から本稼働開始までの 初期導入を簡単に進めることが可能 プラクティスのインテグレーション 豊富な経験に基づき、ロボット導入を な、パッケージロボットを提供。 を提供。 しっかりとサポートする、コンサル ティングサービスを提供。 ◎お問い合わせ・ご相談は ■ ASROF Webサイト ■ グローリー株式会社 ロボットSI事業推進P/ T www.glory.co.jp    ● 〒347-0004 埼玉県加須市古川2-4-1 最新情報を発信しています。  ●弊社工場での実稼働風景がWebサイトで (0480)68-4663   ご覧いただけます。TEL FAX(050)3737-4809  ●Webサイトからのお問い合わせも可能です。 ●カタログに掲載しているヒト型ロボット本体の写真は[NEXTAGE]です。 ハンドなど一部装備はグローリー株式会社の製作です。 ※[NEXTAGE]は、カワダロボティクス株式会社の登録商標です。 ※[NEXTAGE]は、カワダロボティクス株式会社の製品です。 このカタログの記載内容は、2017年11月現在のものです。 1117 SU

カタログ分類