1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1Mb)

【技術資料】製薬用水コンプライアンス ポスター

事例紹介

世界の薬局方と、水質管理要件についてご紹介

グローバルな製薬用水コンプライアンス
導電率および TOC に関する要求事項

このカタログについて

ドキュメント名 【技術資料】製薬用水コンプライアンス ポスター
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1Mb
取り扱い企業 メトラー・トレド株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

CuveTデータシート(日本語版)
製品カタログ

メトラー・トレド株式会社

スマートなUV/VISアクセサリ(日本語版)
製品カタログ

メトラー・トレド株式会社

UV5Bio and UV5Nano UV/VIS分光光度計(日本語版)
その他

メトラー・トレド株式会社

このカタログの内容

Page1

グローバルな製薬用水コンプライアンス 導電率および TOC に関する要求事項 製薬用水の製造 製薬用水の配水 1. 前処理 3. 貯蔵と配水(オゾン殺菌プロセス) 水処理は、次の 3 つの マルチメディア 軟水装置 GAC フィルタ ステップに分けられます。 精製水供給 3 1. 前処理 O C TOC3 カートリッジ 2. 精製 供給水 フィルタ UV マルチパラメータ ブレーク (1-5μ) 3. 貯蔵と配水 C タンク 貯蔵タンク M800 ユース C O C 3 ポイント オゾン発生器 2. 精製 3. 貯蔵と配水(右図参照) RO ユニット 限外濾過 電気再生式イオン交換 装置 (EDI) PW(精製水)または HPW(高度精製水) C C UV TOC UV 熱交換器 O3 C TOC O3 C C 貯蔵 1 2 WFI 用 タンク ユース 蒸留装置 ポイント 測定ポイント C 導電率 TOC TOC O3 溶存オゾン C TOC 1. 貯蔵タンク内の O3 濃度を確認します。 2. 製造中、オゾン破壊処理の後、O3 濃度が「ゼロ」であることを確認します。 測定ポイント C 導電率 TOC TOC 3. ループ殺菌の間、戻りラインにおける O3 濃度を測定します。この間、製造は行われません。 水の精製技術 導電率に関する薬局方 (USP<645>) 要件 単位プロセス パラメータ 導電率の校正およびテストに関する要求事項Cond/Res 温度 TOC pH/ORP O3 圧力 レベル 流量 導電率/比抵抗測定装置(変換器) メンブレンフィルター、デプスおよびサンドフィルター • • • • • 校正が必要です。頻度は指定されておらずユーザーによって決定されますが、年 1 回の校正が一般に認められています。 軟水装置 • • • • • 温度測定センサの検証が必要です。 カーボン (GAC) フィルター • • • • • 未補正の導電率または比抵抗を表示可能な装置を使用する必要があります。 pH 調整(酸/アルカリ注入)*PID コントロール • * • 0.1 μS/cm の最小表示分解能が必要です。1.0 μS/cm の分解能は認められません。 逆浸透膜 (RO) • • • • • • • ト レーサブルな高精度 (0.1%) の擬似抵抗を用いて、精度が ±0.1 μS/cm であることを検証することが必要です。 例: 0.1 cm-1 セル定数を有する50 kΩ の擬似抵抗を用いた場合、2.0 ± 0.1 μS/cm と表示されなければなりません。 イオン交換(混床) • • • • 導電率センサ 電気再生式イオン交換装置 • • • • • セル定数精度は ± 2% とされています。 蒸留装置 • • • • 導電率既知の標準液でセンサを校正します(NIST またはその他規格の証明書付標準液)。 オゾン(添加/破壊/殺菌各プロセス) • • 特定の導電率に調製された溶液でセンサを校正します(ASTM D1125 標準液または超純水)。 • 校正されたトレーサブルなセンサと対象センサの測定値を比較して校正 – インラインまたはラボ、メーカー引き取りにて実施されます。 貯蔵タンク • • • • 配水ループ • • • • • • • ± 2°C の温度精度 バルク精製水と注射用水 TOC に関する薬局方 (USP<643>) 要件 属性 USP EP JP ChP IP TOC に関する校正およびテスト要件 PW および WFI 用原水 米国、EU、日本、 飲料水 JP 水規格 飲料水または精製水 飲料水または精製水 TOC 要件 WHO 飲料水 • 機器は精製水 0.050 mg/L (50 ppb TOC) の検出限界を備えている必要があります。 製造方式 適切な方法 適切な方法 蒸留、イオン交換、UF、あるいは 蒸留、イオン交換、 蒸留、イオン交換、 • 製造メーカーの推奨にしたがって校正してください。 上記の組み合わせ あるいは適切な方法 あるいは適切な方法 • CO2、HCO3 などの無機炭素を有機炭素から区別しなければなりません。 微生物限度 (cfu/mL) 100 100 100 100 100 • システム適合性 (SST) を定期的に実施して適合しなければなりません。 導電率(μS/cm、25°C にて) 1.3(3 ステージあり) 5.1(1 ステージ) 1.3(オンライン)または 5.1(1 ステージ) 1.3(3 ステージあり) システム適合性試験 (SST) 2.1(オフライン) • システム適合性試験用標準液の調製に使用される水の TOC を測定します (R )。(100 ppb を超えないこと) TOC (mg/L) 0.5 0.5(オプション) 0.5(コントロール用:0.3) 0.5 0.5 w 硝酸性窒素 • 0.50 mg/L(スクロースとして)の濃度に調製された標準液の必要 TOC を測定します (R )。 (ppm) 0.2 0.2 S 酸度/アルカリ度 必要 • 0.50 mg/L(p-ベンゾキノンとして)の濃度に調製された標準液の TOC を測定します (RSS)。 アンモニウム (ppm) 0.2 必要 • 試験の許容頻度は UV ランプ交換に依存します。 KMnO4 還元性物質 必要 • 応答効率は 85 ~ 115% の間とします。 注射用水 製造方式 蒸留または 蒸留 蒸留または超ろ過法** 蒸留 蒸留 Rss - Rw 適切なプロセス (適切な前処理水または精製水 応答効率 = 100 x ( 使用) Rs - R )w 微生物限度 (cfu/100 mL) 10 10 10 10 10 導電率(μS/cm、25°C にて) 1.3(3 ステージあり) 1.3(3 ステージあり) 1.3(オンライン)または 1.3(3 ステージあり) 1.3(3 ステージあり) 2.1(オフライン) TOC (mg/L) 0.5 0.5 0.5(コントロール用:0.3) 0.5 0.5 エンドトキシン (EU/mL) 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 硝酸性窒素 (ppm) 0.2 0.2 必要 重金属 必要 酸度/アルカリ度 必要 アンモニウム (ppm) 0.2 * 網掛け – テスト不要 / **超ろ過法- RO、UF またはこれらを組み合わせたシステムにより水を精製する方法 メトラー・トレド・ソーントンのインテリジェントセンサマネジメント (ISM®) でコンプライアンスが容易に www.mt.com/ism-pharma メトラー・トレド株式会社 プロセス機器事業部 〒110-0008 東京都台東区 池之端2-9-7 池之端日殖ビル1F TEL: 03-5815-5512 FAX: 03-5815-5522 Email: sales.admin.jp@mt.com 製品の仕様は予告なく変更することがありますので、 全有機炭素セン 導電率センサ オゾンセンサ あらかじめご了承下さい。M800 M300 ISM ISM ISM © METTLER TOLEDO Thornton, Inc. ® 02/2014 Printed in Japan • マ ルチパラメータの測定が可能なマルチチ • マ ルチパラメータの測定が可能なマルチ サ 5000TOCi UniCond • 高 速かつ正確な応答 96150260 ャンネル(2 または 4)変換器 チャンネル(2 チャンネル)変換器 • 膜 カートリッジ採用で簡単なメンテナ • インテリジェントセンサマネジメント (ISM) • インテリジェントセンサマネジメント • 完 璧なプロセス制御と高精度のデータ トレンド表示 • 導 電率の工場校正データをセンサ内に ンス • プラグ&メジャー (ISM) • プラグ&メジャー機能 • iMonitor – 予測メンテナンス • プラグ&メジャー • プラグ&メジャー機能 保存 • プ ラグ&メジャー機能 • ポジティブゼロ検出 • ダイナミックライフタイムインジケータ • 数 秒の接続作業で測定準備が完了します • 逸脱を瞬時に通知 • 高性能測定回路をセンサに内蔵 • 「 no added substance(添加物なし)」 • 全センサのトレンドグラフ表示 • 校 正に関する薬局方の要件に適合 • SST および校正の記録継続を簡素化 • 安定したデジタル出力信号 のルールに基づきコンプライアンスを • 薬 局方規制へ確実に準拠 • メンテナンスが簡単、半自動校正 プラグ&メジャーセンサ機能による迅速か • 事 実上、可動部品がないことで堅牢かつ • 製 薬コンプライアンスに対応する完全な 保証 比類のない性能と精度を兼ね備えたシンプル つ簡単な設置 信頼の高いデザインを実現 校正 滅菌が完全に実施されたことを確実にモ なメニュー操作 • あらゆる薬局方に準拠 校正記録は iMonitor (M800) でトラッキン ニタリングし、同時にオゾン除去を確認し 高性能なアナライザーと利便性の高いセ グ可能で、コンプライアンスを保証。 ます。 ンサの機能を兼ね備えています。 PRO_THO_PharmaISM_poster.indd 1 2014/02/03 10:12:26