ホワイトペーパー無料進呈!

産業用ロボットの利用用途拡大にともなう市場成長のまとめ

ホワイトペーパーダウンロード Download Whitepaper

産業用ロボットの定義とその種類、構成

産業用ロボットとは、JIS(日本工業規格)では「自動制御によるマニプレーション機能又は移動機能を持ち、各種の作業をプログラムによって実行でき、産業に使用される機械」と定義されている。また経済産業省のロボット政策研究会でも「センサ、駆動系、知能・制御系の3つの技術要素(ロボットテクノロジー)を有する機械システム」と報告書のなかで決められている。

成長著しいロボット市場 中心は自動車とエレクトロニクス業界

国際ロボット連盟(IFR)によると、2015年の世界のロボット販売台数は24万8000台。14年の22万1000台にから12%増加し、これまでで最多となった。国別では、中国がトップで5万6000台、次いで韓国が3万7000台。日本は3位の3万5000台となっている。さらにアメリカが2万7000台、ドイツが2万台で、これら上位5カ国で世界の70%を占めている。

本特集は複数の協賛企業による合同特集となっております。 本特集で掲載しているホワイトペーパーをダウンロードいただきましたお客様の情報は協賛企業へ共有させていただきます。あらかじめご了承下さい。

ピックアップ製品 Pickup Products

3次元ロボットビジョン TVS3.0 Pick Up

株式会社三次元メディア(この企業のカタログ一覧)

3次元ロボットビジョン『TVS3.0シリーズ』と産業用6軸ロボットを組み合わせることで、ワークのピッキングや加工の自動化を実現します。多様なワークに対応し、品質向上やコストダウン、そして生産ラインの安定稼働に大きく貢献。世界の産業用ロボットに目と脳をもたせます。
〈 特長 1 〉安定した認識を実現
〈 特長 2 〉品種変更や追加が容易かつ安全に
〈 特長 3 〉ラインへの導入しやすさを追求

カタログダウンロード 製品問い合わせ

スマートギアモータPick Up

株式会社ニッセイ(この企業のカタログ一覧)

ロボットを活用する生産技術の方が抱える多岐にわたる課題に対し、ニッセイはギアモータで解決のお手伝いをします。
課題1:工場のラインをもっと効率化したい
課題2:電気代の高騰によりコストダウンが必要
課題3:設備の老朽化によるメンテナンスを簡単にしたい
各種事例を交えご紹介しています。ぜひスマートギアモータカタログご覧ください。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

LBR iiwaカタログ「ii feel you」(日本語版)Pick Up

KUKAロボティクスジャパン株式会社(この企業のカタログ一覧)

全7軸に搭載されたトルクセンサにより人の腕と同様の感覚で作業できる7軸ロボットです。人と接触した際はすぐに停止し、安全を確認した後は迅速に再稼動が可能。人の近くで作業するための設計となっています。また、このトルクセンサにより、正しい取付け位置を検出し、その位置を感知しながら素早く最適な力で部品を自動的に組立てることもできます。従来、人にしかできなかった複雑な組立て、柔らかい部品の取付けも得意です。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

その他のおすすめ製品 Other Products

力覚センサーシステム

エプソン販売株式会社(この企業のカタログ一覧)

エプソンの得意とするセンシング技術である水晶圧電方式を採用。高剛性・高感度という特徴を活かし、ロボットの先端における6軸方向のわずかな力・モーメントを検出することができる力覚センサーです。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

スマートフォトセンサー SPS02

東芝テリー株式会社(この企業のカタログ一覧)

超小型の高速画像処理付きセンサです。ワンチップで画像システムを構築できます。デバイス部にて前処理を行うため高速な処理が可能。従来の光電センサではできない判定機能を搭載しております。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

ロボットハンド「TRX(TM)」

THK株式会社(この企業のカタログ一覧)

3本指で自在に掴めるTHKのロボットハンド「TRX(TM)」
<特長>
・3本指のリンク機構
・オールインワン(全てをコンパクトに一体化)
・軽量
このパワーでこの軽さ ぜひ体験してください

カタログダウンロード 製品問い合わせ

パラレルリンクロボット PL3-80

株式会社ロボテック(この企業のカタログ一覧)

3台のユニサーボを使って、パラレルリンクロボットを構成。エンドエフェクタを手で直接操作し、簡単にティーチングが実行できます。また、従来は難しかった、押しつけ制御が可能です。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

次世代型ロボシリンダ RCP6シリーズ

株式会社アイエイアイ(この企業のカタログ一覧)

「5つの特徴」
1.高分解能バッテリーレスアブソリュートエンコーダー標準搭載 2.繰返し位置決め精度向上 3.パワーコン対応 4.全シリーズでコントローラー内蔵型が選択可能 5.クリーン仕様をご用意

カタログダウンロード 製品問い合わせ

画像処理システム In-Sight Micro 8000シリーズ

コグネックス株式会社(この企業のカタログ一覧)

最小サイズ(30mm x 30mm x 60mm)の画像処理システムです。 PoE( Power over Ethernet)採用の超コンパクト型ビジョンシステムは、小型化する製造装置導入に最適です。

カタログダウンロード 製品問い合わせ

ホワイトペーパーダウンロード Download Whitepaper

転換期を迎える産業用ロボットの国内市場

ロボット産業は、年々市場が拡大し、今後も成長が確実視されている有望産業である。日本には多くの有力ロボットメーカーが存在し、技術面でも営業面でも世界をリードしている。
第4次産業革命やデジタル革命によって製造業の枠組みが大きく変化するなか、一人当たりの生産性を上げ、経済規模を維持していくためには、あらゆる業界でロボット活用が不可欠となっている。
いま日本のロボット産業、市場はどう動いているのか? 最新動向についてまとめた。

  1. 産業用ロボットの定義とその種類、構成
  2. 成長著しいロボット市場 中心は自動車とエレクトロニクス業界
  3. 広がる・変わるロボット市場と協働ロボット
  4. マシンビジョンや各種センサで複雑な作業も可能に
  5. 自動車、電子機器以外の業界にも波及 中小企業も高い関心
  6. 今後の最重要課題はロボットSIer育成

本特集は複数の協賛企業による合同特集となっております。 本特集で掲載しているホワイトペーパーをダウンロードいただきましたお客様の情報は協賛企業へ共有させていただきます。あらかじめご了承下さい。

公開中の特集

カタログ分類