光学顕微鏡に戻る

偏光顕微鏡

1件の登録があります。

偏光顕微鏡(へんこうけんびきょう、polarization microscope または polarizing microscope)は光学顕微鏡の一種。試料に偏光を照射し、偏光および複屈折特性を観察するために用いられる。偏光特性は結晶構造や分子構造と密接な関係があるため、鉱物学や結晶学の研究で多く用いられる。他、高分子化学や液晶の研究、細胞の偏光性構造の研究などにも用いられる。

もっと見る 閉じる

偏光顕微鏡http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

カタログ分類