SCADAに戻る

SCADA

1件の登録があります。

SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition の略)は、産業制御システムの一種であり、コンピュータによるシステム監視とプロセス制御を行う。対象プロセスは、以下のような生産工程やインフラや設備に関するものである。製造、生産、発電、組み立て、精錬などを含む工業プロセスであり、連続モード、バッチモード、反復モード、離散モードなどがある。水処理、水道、排水、下水処理、石油やガスのパイプライン、送電網、大規模通信システムなどのインフラ。ビルディング、空港、船舶、宇宙ステーションなどの設備。空調、アクセス、エネルギー消費などを監視し制御する。SCADA システムは一般に次のようなサブシステムから構成される。ユーザインタフェース - 対象プロセスのデータを人間のオペレータに提示し、人間のオペレータがプロセスを監視し制御できるようにする機構。監視制御(コンピュータ)システム - プロセス上のデータを収集し、プロセスに対してコマンドを送る。遠方監視制御装置 (RTU:Remote Terminal Unit) - プロセス内に設置されたセンサと接続し、センサの信号をデジタルのデータに変換し、そのデジタルデータを監視制御システムに送る装置。通信基盤 - 監視制御システムと遠方監視制御装置 (RTU) を接続する。SCADA と分散制御システム (DCS) を混同している場合がある。一般に SCADA システムはプロセスを調整するが、実時間で制御はしない。実時間制御という話は、新たな通信技術によって高信頼な低レイテンシで高速な通信が広域で可能になるにつれて、焦点がぼやけてしまう。SCADA と分散制御システム (DCS) の違いは主に文化的なもので、ほとんど無視できる。通信基盤が発達するにつれて、両者の違いは薄れる傾向にある。

もっと見る 閉じる

SCADAhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

カタログ分類