ねじ/締結部品に戻る

座金

2件の登録があります。

座金(ざがね)とは、ボルトとナットを締め付ける際にナットの下に入れておきこれらの固着具と部材との間のなじみをよくしたり、ナットの回転を防止するために用いられる薄い金属板状の部品。ワッシャー(英: washer)とも呼ばれる。ねじの径に対応して規格化されている。軸に挿入されるカラーのうち幅の狭いものも形状が似ているため同様に呼ばれることがある。

もっと見る 閉じる

座金http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集

カタログ分類